2015年秋から始まる新ドラマの中で、ぜひ注目してもらいたいのが「出産」を題材に取り扱った『コウノドリ』です!

医療ドラマは今までにたくさんありましたが、出産に焦点を当てたものって今まであまりなかったよなーという印象ではないでしょうか?

この漫画かなり面白いと評判で、講談社漫画賞にもノミネートされている実力のある漫画です。

今回、主役には綾野剛さんが、そして主役の鴻鳥サクラの盟友を演じるのが、地上波の連ドラでは『11人もいる!』以来久しぶりの出演となる、星野源さんが演じることが決まりました!

そこで、今回は『コウノドリ』ドラマの詳細と、漫画の内容についてご紹介します。

妊娠、出産、妊婦

 

『コウノドリ』ドラマ詳細

  • TBS 2015年10月午後10時スタート!

主人公・鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)…綾野剛
新米産婦人科医・下屋加江(しもやかえ)…松岡茉優
ベテラン助産師・小松留美子(こまつるみこ)…吉田羊
新生児科医師…白川領(しらかわりょう)坂口健太郎
救命救急医・加瀬宏(かせひろし)…平山祐介
助産師・角田真弓(かどたまゆみ)…清野菜名
麻酔科医・船越拓也(ふなこしたくや)…豊本明長(東京03)
院長・大澤院長(おおさわ)…浅野和之
メディカルソーシャルワーカー・向井祥子(むかいさちこ)…江口のりこ
新生児科医師・新井恵美(あらいめぐみ)…山口紗弥加
産婦人科医・四宮春樹(しのみやはるき)…星野源
新生児科院長・今橋貴之(いまはしたかゆき)…大森南朋

主演の綾野剛さんをはじめ、名実ともにかなり豪華な俳優陣が出演予定となっています!

中には、お笑い芸人の東京03の豊本明長さんも麻酔科医という大切な役で出演されていたりと、どんな演技が見られるのか楽しみですよね。

ニュースでも話題になっていましたが、漫画の中で重要な役柄でもある主人公の良きライバル・四宮役に、星野源さんが演じることが決定しました!

星野源さんと言えばミュージシャンとしての方が有名かもしれませんが、俳優としても様々なドラマや映画に出演しています

山田孝之さんや森山未來さんでお馴染みのドラマ版ウォーターボーイズにシンクロメンバーとして参加している他、宮藤官九郎さん脚本でお馴染みのタイガー&ドラゴンでは、なんと坊主姿で落語家の弟子役を演じています!

今回コウノドリでの役柄は、人情派である主人公・鴻鳥サクラとはまるっきり正反対の無表情な冷血漢である四宮春樹役を演じます。
しかし、四宮春樹には5年前のある出産がきっかけとなり、理論派となったという大きな過去を背負った役でもあります。

綾野剛さん演じる主人公とは、対立するライバルというよりは、同期としてお互いに信頼し合いリスペクトしているという間柄のようです。

星野源さんと綾野剛さん、かなりのイケメンお2人の共演も見どころの1つですね!

 

漫画『コウノドリ』とは?

  • 作者:鈴ノ木ユウ
  • 週刊マンガ『モーニング』にて連載中(2015年現在)
  • 第39回講談社漫画賞・少年部門にノミネートされる。
  • 妊婦やその家族を中心とし、産婦人科を舞台にした少年漫画。
  • 出産を題材に取り扱ったのは、自身が妻の出産に立ち会った経験から、漫画にしようと企画した。
  • なお、担当医がたまたまジャズピアニストだったため、本作のモデルとなっている。

女性の漫画家が自身の出産・育児経験を漫画にするのはよくあるかと思いますが、この漫画の異色なところは、男性漫画家が男性誌で産婦人科を舞台にしているところです。

妊娠・出産には実は多くのリスクや危険があること、必ずしも無事に赤ちゃんが生まれてくるわけではないこと、出産とは実は奇跡の上に成り立っているということを、リアルに描いた作品です。

切迫流産、人工中絶手術など、テーマが重いものもあるので読むのに多少心構えが必要かもしれませんが、出産=当たり前に赤ちゃんが生まれてくると限らないことを教えてくれる、新しい切り口の医療マンガです。

 

なぜ「コウノトリ」ではなく『コウノドリ』なのか?

 

こんな経緯から『コウノドリ』となったそうですよ!

私も実は謎だったので、調べてスッキリしました(笑)

 

--Sponsored Link--

 

夏クールでは『37.5℃の涙』、秋クールでは『コウノドリ』と、個人的に好きな漫画がドラマ化になっていて楽しみが増えています!

特に、育児の合間に録画しておいたドラマを見るのが息抜きにもなっています。

出演する俳優陣もとっても豪華で見応え十分ですので、TBS新ドラマ『コウノドリ』ぜひご覧になってはいかがでしょうか?