我が家の長男は3歳の時に運良く「おかあさんといっしょ」のスタジオ収録に当選し、その上パントにも選出されるという幸運を使い果たすような出来事もありました。

このスタジオ収録に関することで検索されて訪問される方が結構多いので、今日は我が家の経験談を含めて『おかあさんといっしょ』スタジオ収録の応募方法・当選倍率のことなど詳しくご紹介したいと思います。

--Sponsored Link--

「おかあさんといっしょ」スタジオ収録の応募方法

おかあさんといっしょ、スタジオ収録、応募方法

応募対象者

  • 3歳の誕生月~4歳の誕生月までのお子様

おかあさんといっしょ、スタジオ収録、応募方法

こんな感じで対象者となる誕生月が書いてあるので、不安な方は確認してから応募すると良さそうです。

応募条件

  • NHKネットクラブのプレミアム会員に限ります。
  • 応募は1世帯あたり1件のみです。
    ※双子や多胎児の場合は、1件の申し込みで子どもの人数分申し込むことが出来ます。

▶NHKネットクラブのプレミアム会員になるには?

受信料を支払っている本人または同居の家族がプレミアム会員になることが出来ます。

登録の際は受信契約者の氏名・住所などが必要になります。

NHKネットクラブ・プレミアム会員登録ページはこちら

応募の期日

  • スタジオ収録の募集期間は1ヶ月毎
  • 毎月25日に応募開始、翌月の25日ひる12:00が締め切り
    例)6月が誕生月なら、5月25日から応募が可能。

ややこしいですが、先着順ではないのでとりあえず月が変わったら応募で大丈夫です。

私も25日きっちりに応募はしておらず、前月の落選メールが来てから次の月分の応募をしていました。

『おかあさんといっしょ』スタジオ収録の当選倍率について

  • おかあさんといっしょの放送は年間約200回
    ※再放送日などもあるので、厳密に言うともうちょっと少ないかも。
  • 収録応募総数は約20万件
    ※往復はがきで応募時代の数だそうです。
  • 現在は毎月2万件ほどNHKに応募がくるらしい。
    ※全てがおかあさんといっしょスタジオ収録ではないそう。
  • 1度の収録で参加できる人数は45人
    ※50人という話しも?

往復はがきで応募時代の数値で計算された当選倍率だと、4.5%という情報が最も多かったです。

そして、ネット応募になってからだと10~15倍ほどではないかという情報もありました。

私は正直数学が最も苦手な分野で、計算式などは一切わかりません(笑)

もし得意な方がいらっしゃったら、上の数値を参考に計算してみてください。

とりあえず、ネット応募では10~15倍ということなので、全部で13回応募できるということは全て応募すれば1回は当たるかもしれない!?ということになります。

(倍率の考え方合ってます…かね?)

なにはともあれ、応募しなければ始まりません。

まずは抽選にチャレンジしてみましょう。

当選メールと通知ハガキがくるまで

おかあさんといっしょ、スタジオ収録、当選はがき、当選メール

  • 抽選結果のメールは毎月の応募締切日の翌月、10日頃にきます。
  • メールに当選券(はがき)の発送予定日が記載されていますが、郵便事情で遅くなる場合もあります。

我が家の場合は、3回目の応募で当選しました。

8月分の応募で当選→9月10日に当選メール→9月13日頃にハガキ到着、という流れでした。

そして、収録日は通知ハガキに記載されているのでメールの時点では分かりません。

長男が当選した時の収録日は11月だったので、当選から大体2ヶ月後くらいの日程が目安みたいです。

『おかあさんといっしょ』スタジオ収録・パントの選出について

これはもう本当の本当にだとしか言いようがありません。

我が家もいまだに「なぜ長男が選ばれたのか?」不思議です。

特にりさお姉さんに付きまとっていたわけでもなく、リハーサルの時に元気いっぱいで目立っていたわけでもありません。

ただ一つ言えることは「やらせとか仕込みはない」ということ。

なぜなら、子役でもない一般人の我が家の長男が普通に選ばれたからです。

なので、アドバイスやコツは何もないとしか言いようがありませんが…。

子どもが楽しく参加できる雰囲気が一番かもしれません。

 

ちなみに、時々聞かれるのですが、東京のスタジオまでの交通費は自費です。

スタジオ収録は本当に夢の様な時間で、とっても貴重な体験となりました。

間近で見るお兄さん・お姉さんたちが素敵なのはもちろん、スタッフの方々の気遣いにも感動してしまいました。

子どもに夢を与えながら収録をされていて、すごいやりがいのあるお仕事だなぁ…と思いながら見ていました。

テレビの収録参加などなかなかない経験なので、機会があればぜひ応募してみてください!