子どもの身長を伸ばしたいなら、サプリメントを取り入れるのが絶対おすすめです。その理由は?

●日本の子どもは栄養不足。2000年以降、平均身長が縮んでいる
●ただカルシウムを摂るだけでは無意味。吸収を助ける成分も摂らないと骨は成長しない
●身長を伸ばせるのは成長期だけ。サプリメントなら親が後悔しないための対策がとれる
●毎日の献立に悩まず子どもをサポートできる

身長サプリは子どもの成長をしっかりサポートするだけでなく、毎日の親の負担も軽減してくれます。

また、60年前と比較すると、栄養状況の改善などで男女とも10cm以上も伸びた日本人の平均身長ですが、実は2000年以降、少しずつ縮みつつあるという気になるデータも。

その原因は、「新型栄養失調」といわれる炭水化物・糖質過多による栄養不足や、睡眠・運動不足など、子供たちの生活習慣にあるのだそう。

共働き家庭の増加や偏食など、生活スタイルの変化により、子どもたちの栄養状況は思いのほか悪化しています。 そこで、身長を伸ばすサプリメントの必要性や、心配な子どもへの副作用、正しい選び方などを具体的に見ていきましょう。

身長を伸ばすサプリメントとは?


身長を伸ばすサプリメントとは、成長ホルモンを活性化させ、骨や体をつくるための栄養素が効率よく摂取できるサプリメントのこと。

牛乳に溶かして飲むものや、ラムネのように食べられるタブレットタイプ、グミ状のものまで、バリエーションや味もいろいろあるので、子どもの好みに合わせて選べます。

効果的に身長を伸ばすのに食事+サプリメントが必要な理由

必要な栄養素が含まれている食材を使って、必要量をまかなえるだけの献立を立て、それを一日3食作る… 考えただけでヘトヘトになりそうですし、頑張ったつもりでも必要量がまかなえていない場合がほとんど。

たとえば、子供が好きなスナック菓子などに含まれるリン酸は、カルシウムの吸収を阻害してしまいます。意識して栄養を摂っても足りないことが多いのです。

そこで活用したいのが、子供向けの身長サプリメント(栄養補助食品)。

多くの身長サプリには、普段の食事だけでは補えない、身長アップに欠かせない栄養素がバランスよく配合されています。

また、安全性も配慮されているので、安心して子供たちに与えることができます。

後悔しないためにぜひサプリの摂取を

長い人生の中でも、身長が伸びる期間は限られています。ほとんどの人は13歳頃が成長のピークで、だいたい18歳頃には背の伸びがストップ。

背の高さはスポーツだけでなく、就職や恋愛など、人生のさまざまな重要な場面にも関わってきます。

ちなみに英医学誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』によると、低身長の男性ほど鬱や自尊心の低さに悩む割合が高く、年収が低くなる傾向にあるとのこと。

あとで後悔しないためにも、親としてできる栄養面でのサポートは、早いうちからしておいてあげたいものです。

身長サプリメントの効果


身長サプリメントを飲むようになって背が伸びたという人はたくさんいますが、「身長サプリメントによって確実に背が伸びる」と断言はできません。

飲まなかった場合と比較できず、たまたま成長期と重なって背が伸びたのかもしれませんし、その効果が証明できないからです。

ただ、成長に必要な成分を摂ることが子どもの身長を伸ばすうえで重要なのは間違いないので、身長を伸ばしたいなら、必要な成分を含んだサプリメントを摂ったほうが良いといえます。

身長サプリメントの副作用


メリットの多い身長サプリですが、子どもに飲ませるものなので、デメリットや副作用がないか心配な人も多いのではないでしょうか。

国内で販売されている身長サプリメントは、その商品の指示通りに飲んでいる通常の使用範囲内であれば、副作用が起こる心配はまずありません。

ただ、どんな成分もそればかりを過剰に摂取すると、健康障害を招くリスクが高まります。

1つの成分だけを大量に摂取するのではなく、必要な栄養素をバランスよく摂取できるサプリを選ぶと安心です。

何を基準にサプリを選んだらいい?


身長サプリメントはさまざまなものが売られていますが、何を基準に選べばよいでしょうか。

重要なのは、成長に必要な成分がバランスよく含まれていること。そして安全性です。

毎日の習慣にしたいから、続けやすい価格や飲みやすさも大切。 まずは子どもの成長をサポートする栄養成分からチェックしてみましょう。

身長を伸ばしてくれる成分・栄養素

 
「背を伸ばすためにはカルシウム」と考えがちですが、カルシウムだけを摂っても身長は伸びません。

カルシウムの吸収を助ける栄養素や成長ホルモンの分泌を促す成分も、一緒に摂取する必要があります。

カルシウム

骨を強くする働きがあります。日本人のカルシウム摂取量は、先進国の中でも最も低く、成長期の子供だけでなく、大人でも推奨量に足りていないことがほとんどです。
【多く含まれる食べ物】

乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)、海産物(わかめ、しらす干し、ワカサギ、干しエビ、うなぎなど)、野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)、大豆製品、(豆腐、油揚げ、納豆など)

ビタミンD

カルシウムを骨に吸着させる働きがあります。
【多く含まれる食べ物】

卵の黄身、しいたけ、魚、緑茶

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムの吸収と代謝を助ける働きがあります。
【多く含まれる食べ物】

木綿豆腐、アーモンド、大豆、落花生、牡蠣、ほうれん草、インゲン豆、カツオなど

亜鉛

成長ホルモンの原料となる成分で、骨の成長にも深く関わっています。成長に必要なたんぱく質を骨の発達につなげるという働きをもっています。
【多く含まれる食べ物】

牡蠣、卵の黄身、豚レバー、牛の肩肉、海苔、納豆など

タンパク質

骨や筋肉を作り、成長ホルモンの分泌を促す大切な栄養素の一つです。
【多く含まれる食べ物】

牛肉・豚肉・鶏肉・魚・貝類・卵・チーズ・豆類・豆腐・納豆など

プラセンタ

プラセンタは身体の元となるタンパク質の合成を助ける効果があり、成長ホルモンとの連動性も期待されている成分です。

アルギニンは効果がない?

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促すはたらきがあり、多くの身長サプリメントに含まれています。 「サプリメントに含まれるのは微量で、注射して直接血液の中に取り込まなければ効果がない」という医学的な見解もありますが、子どもの成長にとって優れた成分であることは確か。 また、安全性が高く、過剰に摂取しなければ副作用の心配もありません。

年齢別・男女別で摂りたい栄養素


一生のうちで一番身長が伸びるのは、乳幼児期から中学生くらいまで。13歳前後がピークとなり、その後骨が固まっていきます。

つまり、身長サプリは早いうちから飲んでおいたほうが、身長の伸びが大きくなることが期待できるということ。

乳幼児から中学生まではカルシウムやビタミン、アルギニンなど骨をつくる成分を、高校生男子はタンパク質やビタミン、高校生女子はビタミンやコラーゲンなどを中心に、バランスよく栄養素を摂取すると良いでしょう。

安心して続けられるサプリメントとは

子どもの口に入れるものなので、天然素材を使用している、国内で製造された原料を使用している、合成保存料や甘味料、着色料は使用していないなど、安全性を確かめましょう。 身長サプリメントは毎日の習慣として続ける必要があるので、苦味がなくておいしいなど、子どもが続けやすいものを選ぶことも重要です。

身長サプリメントのおすすめランキング

子供の成長に必要な栄養素が詰まった身長サプリメントは、毎日無理なく摂り続けることが大切。 たくさんある商品の中から、

●配合成分
●子供が喜ぶおいしさ
●家計への負担が軽い

この3つのポイントをおさえた商品を厳選しました。 ぜひ、参考にしてください。

おすすめ1位 アスミール

販売価格 2,050円(初回限定※定期コース)約一か月分
配合成分 カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛、アルギニン、プラセンタ、CCP
おいしさ ★★★★★
>>公式サイト

 

アスミールは、牛乳に溶かして飲む栄養機能食品。ココア味で、牛乳嫌いの子供でも飲みやすい味が人気です。

一日1杯で、子供に必要な主要栄養素の約8割を摂ることができます。

体への吸収力にこだわったトリプルカルシウムのほか、アルギニン、亜鉛も高配合。

国内製造原料を使用し、合成保存料、合成着色料、合成甘味料など全て不使用で安全性も高くおすすめです。

【口コミ】

りくちにさん(43歳) ★★★★★
息子が野球でレギュラーになれました!
中学1年生の息子は野球のクラブチームに小3から入っています。そんなに小さい方ではなかったのですが、周りの子に身長を抜かされて焦っていました。 牛乳嫌いなので、何とかしてカルシウムが取れる方法を探していて、ココア味のアスミールなら飲めるということで飲み始めました。 それからすくすく伸びて、今では私を抜いて身長が169cmになりました!体格もよくなりスタミナも付き、レギュラーも定着しています。 「180cmになるまで飲み続ける!!」と本人は言ってます(笑)

 

桃花ママ(39歳) ★★★★★
小学5年生の娘には効果があった
ミニバスケをしている娘のために購入しました。今小学5年生で身長が130cmしかなく、4年生の子よりも小さい我が子。 コーチにアスミールをすすめられて飲み始めました。シェイカーも購入時にもらえるのでありがたいです。 娘も飲み始めて半年がたち、身長が5cmも伸びたので今では毎日かかさず飲んでいますよ♪

おすすめ2位 ノビルン

販売価格 980円(毎月300名限定 初回購入※定期コース)約一か月分
配合成分 カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンK、たんぱく質
おいしさ ★★★★★
>>公式サイト

 

ラムネタイプのタブレット。牛乳いらずで、そのままポリポリおやつ感覚で食べれる手軽さが人気。

一日たった2粒で、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンK、たんぱく質を補えます。

さらにカルシウムの吸収力を高めるマグネシウム、ボーンペップをバランスよく配合することで、成長期の体づくりをサポートしてくれます。

おすすめ3位 セノビック

販売価格 ミネラル、ビタミン、カルシウム、ビタミンD、鉄、ボーンペップ、乳清プロティン、オリゴミル
配合成分 カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンK、たんぱく質
おいしさ ★★★★☆
>>公式サイト

 

CMでもおなじみのセノビック。

牛乳に溶かして飲むタイプで、味はミルクココア味、いちごミルク味、ヨーグルト味、バナナ味、ポタージュ味と5種類。一日2杯飲むことを推奨しています。

2種類のミネラルと5種類のビタミンを配合。カルシウム、ビタミンD、鉄に加え、ボーンペップ、乳清プロティン、オリゴミルなども配合されています。

おすすめ4位 カルシウムグミ

販売価格 3,898円(2箱セット※定期コース)約一か月分
成分 カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛、コラーゲン
おいしさ ★★★☆☆
>>公式サイト

 

外はカリッと中はやわらかなグミタイプのサプリメント。一日6粒が目安です。

カルシウム、亜鉛、マグネシウム、ビタミンDなどをバランスよく配合。味もヨーグルト、グレープ、イチゴと3種類揃っています。

背の高さの遺伝による影響はたったの20%

身長が高い両親の子どもはやはり背が高い、ということは現実的に多いようですが、両親ともに身長が低くても、諦めるのは早計。

実際には遺伝による身長への影響は20~25%とされています。つまり、8割程度は遺伝以外の要因に影響を受けているということ。

子どもがしっかり成長できるように環境を整えてサポートすることで、身長を伸ばすことは十分に可能です。

身長が伸びるメカニズム

身長が伸びるということは、骨が伸びるということ。子どもの骨には「骨端線」と呼ばれる部分があり、この骨端線が伸びることで、身長が大きくなっていきます。

骨端線とは

成長期の子供の骨には、両端に「骨端線」と呼ばれる軟骨のような部分があります。乳幼児から中学生くらいまではこの骨端線がやわらかく、一生のうちで一番成長する時期にあたります。

サプリで身長を伸ばせる可能性があるのは小学生~高校生まで

大人になると骨端線が閉じて硬い骨になってしまうため、骨は伸びなくなります。

ただし個人差があるので、まれに25歳くらいまで骨端線が固まっていない人もいて、その場合は大人になっていても身長が伸びる可能性があります。

ただ、一番大きく成長できるのは、やはり骨端線がやわらかい子どもの時期です。

つまり、身長サプリは成長期(10歳から18歳)に摂るのが鉄則。

この時期に骨の成長に必要な栄養素をしっかり摂り、睡眠や運動不足にならないように心がけることで、身長が大きく伸びることが期待できます。

性ホルモンの分泌が開始されると身長が伸びにくくなる

性ホルモンには「女性ホルモン」と「男性ホルモン」があり、思春期になると活発に分泌されはじめます。

この性ホルモンは子どもの身体を大人の身体へと成長させるはたらきがあるため、性ホルモンの分泌により骨端線も大人のように硬くなっていきます。

そのため、思春期に入ると身長は伸びにくくなっていくのです。

身長の伸び方に差があるのはどうして?

男の子と女の子との間で身長の伸びに差が出るのは、性ホルモンが関係しています。

女の子は男の子よりも早く思春期を迎えて第二次性徴が始まるため、骨が硬くなるのも早くなります。

しかし、男女差の他にも、身長が伸びやすい子と伸びにくい子がいますが、身長の伸びに差が出るのはどうしてなのでしょうか?

成長ホルモンの分泌量が身長に大きく影響する

身長の個人差は、遺伝の影響も20~25%ほどありますが、それ以上に影響が大きいのが生活習慣。

身長の伸びには、成長ホルモンが深く関係していますが、成長ホルモンは食事のほか、運動や睡眠の質によっても分泌量が大きく変化します。

背を伸ばすための環境づくりが重要

身長を伸ばすためには、成長ホルモンが十分に分泌されやすい環境を整えることが大切。

食事やサプリメントでの栄養補給のほか、熟睡できることや、適度な運動も欠かせません。

また、ストレスの多い環境では成長ホルモンの分泌量が低下するため、子どもがリラックスできる環境を整えることも重要です。

以下では、成長ホルモンを分泌させる方法についてまとめました。

成長ホルモンを分泌させる方法

身長を伸ばすために必要な要素は、「栄養」「睡眠」「運動」「遺伝」ですが、中でも大切なのは「栄養」です。それを立証するデータがあります。(下記参照)

栄養

戦後60年で日本人の平均身長は、男性で10㎝以上、女性で10㎝近く伸びています。

戦後、日本人の生活で一番変化があったのは何でしょうか。睡眠時間が増えた?適度な運動をするようになった?

個人差はあるでしょうが、顕著に変化があったのは、食生活が豊かになったこと。 10㎝の身長の伸びは、栄養面での充実の結果ととらえることができます。

親が子供のためにしてあげられること。それは、睡眠時間の確保、適度な運動の機会とともに、一番大切な栄養面でのサポートです。

身長を伸ばすための栄養素は、「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「亜鉛」などですが、3食の食事の中で必要な栄養素を必要な量、バランスよく摂るのは難しいので、サプリメントで効率よく摂取するのが効果的です。

栄養が不足しがちな現代の食生活

現代の子どもは好き嫌いが多く、肥満や痩せすぎなどの健康障害も問題になっています。

また、朝食を食べない、外食や冷凍食品、出来合いの食品を常食したり、共働き世帯の増加で孤食が増えるなど、バランスの良い、リズムのとれた食生活が困難になっています。

1日3食食べて、お腹が満たされているにも関わらず、栄養バランスが崩れているので必要な栄養素が摂れていない「新型栄養失調」も問題に。

現代の子供は背が縮んでいる?

戦後から伸び続けていた日本人の平均身長は、2000年以降で頭打ちになり、わずかずつですが低くなってきています。

これには食事のほか、運藤や睡眠など生活習慣が大きく関係しているといわれており、子どもをめぐる環境を見直していく必要があります。

睡眠

身長を伸ばすためには睡眠がかなり重要

身長が伸びるのは、成長ホルモンが分泌される時間帯。すなわち、寝ている時間です。

中でも最も成長ホルモンが分泌されるのが午後10時から2時までの4時間。この時間にぐっすり眠れる環境を整えてあげることが大切です。

日本の子どもは睡眠不足

現代の子供は、お稽古事や部活、塾通いやゲームなどで忙しい毎日を送っています。

夜中の0時を過ぎてから就寝する子どもは3歳でも20%、14歳では70%もいて、世界的に見ても睡眠不足とされています。

子どもがリラックスして早く眠りにつけるように、寝具や室温、明かりなども工夫し、睡眠の質にもこだわりたいもの。

理想的な睡眠時間

12歳なら10時間、15歳なら9時間、18歳なら8時間の睡眠が必要といわれています。

睡眠の質と時間を確保してあげることが、大きく成長することにつながります。

運動

運動が身長に与える影響

適度な運動も身長を伸ばすには大切な要素の一つ。 運動することにより、骨の成長する骨端線を刺激し、活発に活動させて骨の形成を促してくれます。

運動すれば、お腹もすくので食欲もアップしますし、夜もぐっすり眠れるため、身長を伸ばすのに効果的です。

日本の子どもは運動不足

現代の子どもは過去と比べて運動能力が低下していることが、文部科学省の調査によって明らかになっています。

外遊びやスポーツをする時間が減ったこと、肥満児が増えたことなどが要因となっているようです。

身長を伸ばすのに適した運動

骨や軟骨に対して、適度な刺激が加わる運動が、身長を伸ばすのに良いとされています。

上下に揺れて骨を刺激するジョギングや、バレーボールやバスケットボール、なわとびなど、ジャンプする動作のあるスポーツも適しているといえるでしょう。

思い切り体を動かせる水泳、ストレッチなどもおすすめです。

身長を伸ばすのに適さない運動

重量挙げやなど骨や軟骨に負担がかかりすぎてしまうもの、マラソンなどの消耗の激しい運動は、身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性があります。

まとめ

成長期に子供の身長を伸ばすには、カルシウム、マグネシウム、ビタミン、アルギニン、亜鉛など、子供の身長を伸ばすの大事な栄養を摂ることが大事です。

栄養だけでなく、十分な睡眠や適度な運動などで、成長ホルモンの分泌を促すことも欠かせません。

バランスよく栄養を補給するには、身長サプリメントを利用するのが効率がよくおおすすめです。ぜひ試してみてください。