子供の成長…気になりますね。

できるだけ身も心も大きい子に育ってほしいのが親心。

特に身長は、部活や将来の職業にも関わってくる大事な要素。 遺伝だから・・・とあきらめる前に、親ができることはしてあげたい!

そこで、子供の身長を伸ばすためのアルギニン、カルシウム、亜鉛などの栄養素、これらの栄養素を効率よく摂取するための身長サプリメントなど、成長期の子供の身長を伸ばすために親ができることを徹底して、調べて紹介します。

--Sponsored Link--

成長期の子供の身長を伸ばす方法とは?

成長期の子供の身長を伸ばすには、骨の成長に必要なアルギニン、カルシウム、亜鉛などの栄養素を過不足なく摂取することが最も大切です。 これらの栄養素をバランスよく獲るには、栄養補助食品である身長サプリメントを利用するのが効率が良くおすすめです。 ここでは、成長期に子供の身長が伸びるメカニズムと成長期の子供の栄養補給をサポートする身長サリメントについて説明し、身長サプリメントのおすすめを紹介します。

背が伸びるとは?~身長が伸びる要素は4つ~

身長が伸びるということは、骨が伸びるということ。 成長期に骨が伸びるために必要なのは、「栄養」「睡眠」「運動」の3つ。これに「遺伝」の要素が加わって、身長が決まっていくようです。

1.身長は遺伝で決まるの?

背が高い両親の子供はやはり身長が高い、ということは現実的に多いようです。 「うちは両親ともに平均より低いから・・・」とあきらめてしますのは早計です。 実際には遺伝による身長への影響は、 20~30%とされています。 つまり、約70%がそれ以外の要因に影響を受けているということ。この7割の要因を左右するのが以下の3つです。

2.栄養が大事~必要な栄養素をバランスよく摂る

身長を伸ばすためには、バランスのよい食事を摂ることが大切です。 中でも、重視したい栄養素は、「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「亜鉛」です。それぞれの役割と多く含まれている食べ物を紹介します。

タンパク質

骨や筋肉を作り、成長ホルモンの分泌を促す大切な栄養素の一つ。 【具体的な食べ物】 牛肉・豚肉・鶏肉・魚・貝類・卵・チーズ・豆類・豆腐・納豆などがあります。

カルシウム

骨を強くする働きがあります。日本人のカルシウム摂取量は、先進国の中でも最も低く、成長期の子供でも推奨量に足りてないことがほとんどです。 【具体的な食べ物】 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)、海産物(わかめ、しらす干し、ワカサギ、干しエビ、うなぎなど)、野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)、大豆製品、ごま(豆腐、油揚げ、納豆、 ごまなど)

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムの吸収と代謝を助ける働きがあります。 【具体的な食べ物】 木綿豆腐、アーモンド、大豆、落花生、牡蠣、ほうれん草、インゲン豆、カツオなど

ビタミンD

カルシウムを骨に吸着させる働きがあります。 【具体的な食べ物】 卵の黄身、しいたけ、魚、緑茶

亜鉛

成長ホルモンの原料となる成分で、骨の成長にも深く関わっています。成長に必要なたんぱく質を骨の発達につなげるという働きもってをいます。 【具体的な食べ物】 牡蠣、卵の黄身、豚レバー、牛の肩肉、海苔、納豆など

3.寝る子は育つ~質のよい睡眠でグングン育つ

身長が伸びるのは、いつでしょうか?それは、成長ホルモンが分泌される時間帯・・・ずばり!寝ている時間です。 中でも最も成長ホルモンが分泌されるのが午後10時から2時までの4時間。この時間にぐっすり眠れる環境を整えてあげることが大切です。 現代の子供は、お稽古事や部活、塾通いなどで忙しい毎日を送っているので、リラックスして眠りにつけるように寝具や室温、明かりなども工夫して睡眠の質にもこだわりたいもの。 ちなみに、5才から12歳までの子供の睡眠時間は、10時間から 11時間が必要と言われています。睡眠の質と時間を確保してあげることが大きな成長につながります。

4.適度な運動が身長を伸ばす

適度な運動も身長を伸ばすには大切な要素の一つ。 運動することにより、骨の成長する骨端線を刺激し、活発に活動させて骨の形成を促してくれます。 運動すれば、お腹もすくので食欲もアップしますし、夜もぐっすり眠れます。栄養・睡眠・運動・・・この3点に心を配って、子供の成長をサポートしましょう。 参考までに、身長を伸ばすのにおすすめの運動、避けたい運動のリストを明記しておきます。

身長を伸ばすのに適した運動

バレーボール、バスケットボール、なわとび、ジョギング、バレエ、ストレッチング ※子供が好きな運動を選ぶのが一番です。

身長を伸ばすのに適さない運動

重量挙げ、過度の運動、消耗の激しい運動(マラソンなど)

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素を効果的に補うために~身長サプリメントを上手に活用~

身長を伸ばすために必要な要素は、「栄養」「運動」「睡眠」「遺伝」です。中でも大切なのは「栄養」です。それを立証するデータがあります。(下記参照)

戦後で10㎝の身長の伸びは栄養面での充実の結果

戦後60年で日本人の平均身長は、男性で10㎝以上、女性で10㎝近く伸びています。

戦後、日本人の生活で一番変化があったのは何か?睡眠時間が増えた?適度な運動をするようになった?

個人差はあるでしょうが、顕著に変化があったのは、食生活が豊かになったことではないでしょうか。 10㎝の身長の伸びは栄養面での充実の結果ととられることができます。 親が子供のためにしてあげられること。それは、睡眠時間の確保、適度な運動の機会とともに、一番大切な栄養面でのサポートが子供の身長を伸ばすことにつながります。

身長を伸ばすための栄養素は、「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「亜鉛」と紹介しましたが、3食の食事の中で必要な栄養素を必要な量、バランスよく摂るのは至難の業です。

必要な栄養素をとるにはサプリメントが便利

必要な栄養素が含まれている素材を使って、必要量をまかなえるだけの献立を立てる。それを一日3食作る。

考えただけでヘトヘトになりそうです。お母さんの仕事は食事づくりだけではありませんから。管理栄養士を雇わないと完璧な献立作りは難しそうです。

そこで活用したいのが子供向けの身長サプリメント(栄養補助食品)。

昨今は、おやつ代わりに摂れるおいしいものが増えていますし、栄養素の配合も配慮されていますのであれこれ考えなくても、安心して子供に与えることができますね。

身長サプリメントのおすすめランキング

成長期の子供の身長を伸ばすには身長サプリメントで子供に必要な栄養素を効率よく摂取するのが大切です。

でも、たくさんある商品の中からどれを選べばいいのでしょうか? 身長サプリは続けることが一番大切です。子供が喜んで続けられるポイントをまとめてみました。

  • 子供が喜ぶおいしさ
  • 毎日続けられるもの(習慣にしやすいもの)
  • 家計に負担のないもの

この3つのポイントをおさえた商品を厳選しました。 ぜひ、参考にしてみてください。

おすすめ1位 アスミール

アスミールは、牛乳に溶かして飲む栄養機能食品。

ココア味で、牛乳嫌いの子供でも飲みやすい味が人気です。

一日1杯牛乳に溶かして飲むだけで、子供に必要な主要栄養素の約8割を摂ることができます。

体への吸収力にこだわったトリプルカルシウムのほか、アルギニン、亜鉛も高配合。成長をサポートしてくれます。

また、安全性にもこだわりを持ち、原料は国内製造原料を使用。合成保存料、合成着色料、合成甘味料など全て不使用。国内の工場で製造されており、放射能検査済みと安心品質。

<アスミール体験談>

りくちにさん(43歳)

評価★★★★★

愛飲歴:13ヵ月

<息子が野球でレギュラーになれました!>

 中学1年生の息子は野球のクラブチームに小3から入っています。

そんなに小さい方ではなかったのですが、最近周りの子に身長を抜かされて焦っている様子。

 牛乳嫌いなので、何とかしてカルシウムが取れる方法を探していて、ココア味になるアスミールなら飲めるということで飲み始めました。

それからすくすく伸びて、今では私を抜いて身長が169cmになりました!

体格もよくなりスタミナも付き、レギュラーも定着しています。

「180cmになるまで飲み続ける!!」と本人言ってます(笑)

 

桃花ママ(39歳)

評価★★★★★

愛飲歴:6ヵ月

<小学5年生の娘には効果があった>

ミニバスケをしている娘のために購入しました。

今小学5年生で身長が130cmしかなく、4年生の子よりも小さい我が子。

コーチにアスミールをすすめられて飲み始めました。

最初は飲むのを嫌がっていた娘も飲み始めて半年がたち、身長が5cmも伸びたので今では毎日かかさず飲んでいますよ♪

 

ミニバス息子さん(36歳)

評価★★★★☆

愛飲歴:2ヵ月

<人にすすめられて飲んでるけど>

ミニバスやっているお友達が飲んでいるということで、うちも飲み始めました。

ただいま2ヵ月継続中。さすがにまだ効果は表れませんね…。

おすすめしてくれたお友達は効果があったそうで、「もうちょっと長い目で見て!今やめたら何の意味もないよ!」と言われました。

もうちょっと頑張って飲ませてみせます。

身長伸びたらいいなと期待を込めて★4つで!

価格 2,050円(初回限定※定期コース)約一か月分
効果的な成分の配合  ★★★★★
子供が喜ぶおいしい  ★★★★★
続けやすい価格  ★★★★★
 安心の品質  ★★★★★
 口コミ評価  ★★★★★
子供の成長サプリ「アスミール」の公式サイトはこちら

おすすめ2位 セノビック

CMでもおなじみのセノビック。

牛乳に溶かして飲む成長期応援飲料で、味はミルクココア味、いちごミルク味、ヨーグルト味、バナナ味、ポタージュ味と5種類。一日2杯飲むことを推奨されています。

配合されている栄養素は、2種類のミネラルと5種類のビタミンを配合。カルシウム、ビタミンD、鉄に加え、ボーンペップ、乳清プロティン、オリゴミルなども配合されています。

価格 2,160円(2袋セッ ト※定期コース)約一か月分
効果的な成分の配合  ★★★☆☆
子供が喜ぶおいしい  ★★★★★
続けやすい価格  ★★★★★
 安心の品質  ★★★★☆
 口コミ評価  ★★★★★

おすすめ3位 ノビルン

ラムネ味のタブレット。牛乳いらずで、そのままポリポリおやつ感覚で食べれる手軽さが人気。

一日たった2粒で、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンK、たんぱく質を補えます。

さらにカルシウムの吸収力を高めるマグネシウム、ボーンペップをバランスよく配合することで、成長期の体づくりをサポートしてくれます。

価格 980円(毎月300名限定 初回購入※定期コース)約一か月分
効果的な成分の配合  ★★★★★
子供が喜ぶおいしい  ★★★★★
続けやすい価格  ★★★★★
 安心の品質  ★★★★★
 口コミ評価  ★★★★☆
 「ノビルン」の公式サイトはこちら

おすすめ4位 カルシウムグミ

外はカリッと中はやわらかなグミタイプのサプリメント。一日6粒を目安にいただきます。

カルシウム、亜鉛、マグネシウム、ビタミンDなどをバランスよく配合。味もヨーグルト味、グレープ味、イチゴ味と3種類揃っています。

価格 3,898円(2箱セット※定期コース)約一か月分
効果的な成分の配合  ★★★☆☆
子供が喜ぶおいしい  ★★★★★
続けやすい価格  ★★★☆☆
 安心の品質  ★★★★☆
 口コミ評価  ★★★★☆
モンドセレクション5年連続最高金賞受賞!子供の成長にカルシウムグミ

うちの子低身長?心配になった時には?

「うちの子、××歳になるの周りに比べてかなり低身長。もしかして病気なの?」
成長期に子供の身長がなかなか伸びないと不安になりますよね?でも、考えすぎていませんか?子供の身長が低くて不安、という方は是非参考にしてください。

低身長とは?背が低いのは病気?

体格は遺伝的な要因が強く、また成長の速度にも個人差がある為、平均よりも背が低いからといって必ずしも病気という訳ではありません。

しかし、中には成長ホルモンや染色体異常などが原因となっているケースがあるので、低身長に該当する場合は一度医師に相談してみるのが安心です。

低身長であるか否かの判断材料となるのが、同性同年齢の平均からどの程度離れているのかを示すSD値です。

一般的にSDがプラスマイナス2の範囲が標準であり、マイナス2より低い場合は低身長であると考えられています。

SD値が標準の範囲でないことが即ち病気ということではありませんが、同性同年齢よりも伸び率が悪い場合には、念のため受診を検討してみるのがおすすめです。

低身長の原因はいろいろ

低身長とはただ背が他の人よりも低いということではなく、たくさんの同じ年齢の子供の身長と体重を調べその平均値をつないだ曲線である標準成長曲線をもとに、その標準よりも幅が二つ低いマイナス2SDよりも身長が低い場合に低身長と診断されます。

低身長の原因には成長ホルモンの分泌が少ないために起こる成長ホルモン分泌不全性低身長や、脳腫瘍、甲状腺機能低下症、染色体異常などと言った病気が原因である場合がある他に虐待やネグレクトと言った親などからの愛情が不足する環境で育つことで精神的な症状に加えて身体的に影響が出てしまうこともあります。

身長は遺伝するとも言われますがその影響は4割程度とされています。低身長の原因はいろいろです。

子供の身長が低く気になる場合にはまずは小児科を受診して相談してみるもの良い方法です。

低身長症の病気について

低身長の原因は環境や生活習慣など様々ですが、病気が原因で生じることもあります。

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」は、骨の成長を促して身長を伸ばす成長ホルモンが、外傷や障害など何らかの理由で分泌不足に陥ることで起こる病気です。

また、甲状腺ホルモンの分泌が不足する「甲状腺機能低下症」も、骨の成長を妨げ低身長を引き起こす可能性があります。

子宮内での発育が悪く、標準より小さく生まれるSGAの子供は、まれですが標準身長に追いつかず「SGA性低身長症」になってしまうこともあります。

他にも、染色体の異常が原因で発症する「ターナー症候群」・「プラダー・ウィリー症候群」・「ヌーナン症候群」や、骨・軟骨に異常が生じる「軟骨異栄養症」でも低身長が起こり得ます。

低身長かどうかを調べる方法

健康診断などで必ず測る身長は平均身長というものが示されていますが、中央値ではなく平均値なので実はあまりあてにならないというのが実情です。

そのため、自分が低身長の部類に入るのか気になっているという方は多いものです。

そこで、自分の身長が一般的な様子よりも低いのかを調べるためには、インターネット上のウェブサービスを利用するのが好ましいです。

現在、インターネット上には年齢などを入力するだけで成長曲線と照らし合わせて自分の身長について結果を算出してくれるものがあります。

結果はグラフとしても表れますし、標準偏差などの情報により著しく信頼度が高い結果が得られます。 こうした結果を元に対策を進めていけば効率的と言えます。

低身長の検査と治療法

低身長の場合、成長ホルモンの分泌異常が考えられ、その原因となりうるような血液検査を行います。内分泌負荷試験もその一つです。アルギニンやクロニジンを使った負荷試験があります。

これらは薬を使って、成長ホルモンが分泌しやすい状態をつくり、一定時間ごとに血液を調べ、分泌がうまくいっているかどうかを調べるものです。また、手のレントゲン写真を撮り、骨年齢をしらべ、骨の成長段階を把握します。

ホルモンの分泌異常が原因であれば、在宅自己注射などで、足りないホルモンを補う注射をします。毎晩寝る前に注射すると効果的だといわれています。また、肝臓や腎臓の病気でも低身長は起こります。この場合は原因となる病気の治療を優先させます。

低身長の症状と経過

低身長は1年間の身長の伸び率が著しく悪い、平均身長よりも著しく低いことが判断基準となります。

低身長が疑われる場合はスクリーニング検査が行われ、必要であれば精密検査を行い原因を探します。

代表的な原因は成長ホルモンの分泌不足で、成長ホルモンを注射することで治療します。

この治療は3歳から前思春期と呼ばれる思春期が始まるまでの期間しか効果が期待できません。思春期は大体小学校卒業辺りから当てはまります。

できるだけ早い段階で治療を開始する必要があります。

この他にも甲状腺機能低下や、先天性の疾患など様々な原因があり、その原因に応じてホルモン療法や手術が行われます。

低身長は長期間にはなりますが、治療をすれば徐々に平均身長に近づきます。

治療以外での改善方法

体調を崩したり、身体の機能が低下してしまっている場合、病院などで治療をする以外に自分でできることがあります。

それは、生活習慣の見直しと、サプリメントによる栄養補給です。 生活習慣で大切なのは、食事と運動、睡眠です。

現在の日本では、このような生活習慣が乱れていることが多くあります。

すると、身体を充分に機能させる栄養が不足し、運動不足からは身体の体液の循環が悪くなり、必要な栄養が身体の隅々まで行き渡らなくなり、毒素も溜め込んでしまいます。

すると身体の機能が正常に働かなくなり、不調や病気を起こすことにつながるのです。

また、睡眠中には身体の組織の再生や、成長ホルモンを分泌する時間となるため、不足することで回復力がなくなり、機能低下を起こしてしまうのです。

生活習慣を改善することは、健康の維持にとって重要なことなのです。

成長期に子供の身長を伸ばすのに不可欠な栄養素とは?

身長を伸ばすために欠かせない栄養素として、どのようなものがあるのでしょうか?

身長を伸ばす食べ物として、よく牛乳が挙げられますが、何よりバランスの良い食事を摂ることが重要となってきます。

牛乳に含まれるカルシウムやタンパク質の他、マグネシウム、ビタミン、亜鉛を加えた5大栄養素が、身長を伸ばすために欠かせない栄養素と言われています。

しかし、以上の栄養素を普通に摂取していればよいというわけではなく、摂取するタイミングも重要です。

例えば、カルシウムやタンパク質を豊富に含む牛乳は、就寝前や運動後に飲むことで、成長ホルモンの分泌を促します。

栄養素は、普段の食事から摂取することが一番なのですが、難しい場合は、サプリメントなどを利用するとよいでしょう。

成長期の特徴

一般的に成長期とは、思春期後から3年程度の期間で、体質や環境によって個人差があります。

女子は小学校高学年から始まり、男子は中学生ごろから始まります。

成長期は子供が大人に成長する大切な時期で、体が大きくなると同時に骨や筋肉も成長するのが特徴です。

体が大きく頑丈に作られるためには、十分なエネルギーと栄養素を摂取する必要があります。

エネルギーとは米などに代表される炭水化物で、体を動かす燃料となります。

骨や筋肉を増やすには、成長ホルモンの分泌を促すタンパク質に加え、カルシウム・マグネシウム・亜鉛といった栄養素が大きな役割を果たします。

しかし、栄養は体外に影響し合うので、何か一つに偏るのではなく、バランスよく摂取することが重要です。

バランスの良い食事とは?

主食とは、米やパン、麺類など穀類を材料とした食事で、炭水化物による身体を動かすエネルギーの供給源となります。

主菜は魚や肉、大豆製品や卵などで、たんぱく質や脂質などを摂取します。

副菜は野菜を中心とした料理で、主にビタミンや食物繊維を摂ります。

その他には、果物や牛乳などを組み合わせると、よりバランスのとれた食事となるのでおすすめです。伝統的な日本の食事では、1汁3菜という考え方が料理の基本にあります。

この組み合わせは、穀物の米を主食とし、たんぱく質を効率的に摂れる魚や大豆などを使った主菜、そして煮物に代表される野菜料理の副菜が添えられているため、非常に理想的な食事内容となっています。

外食などでも、栄養バランスを考えてメニューを選ぶことは健康維持に役立ちます。

子供の栄養補給で注意するべきこと

身体の調子を整えたり、身長を伸ばしたり、また胸を大きくしたいなどの目的のために栄養を補給したいと考えるとき、その目的を実現させるために良いと言われる栄養ばかりを摂取して、偏食・欠食になっていることが良くあります。

しかし栄養は、摂取したら摂取しただけ効果が期待できるかというと、そういうわけではありません。

逆に副作用が出て来てしまい、かえって身体の調子が悪くなってしまうこともあるのです。

そのため、過剰摂取を控えて、バランス良く栄養を補給することが大切です。

栄養が充分に働くためには、ひとつの栄養だけではなく、他の栄養と働きを補完しあうことでシナジー効果を発揮して、より効率的に作用してくれるようになるのです。

アルギニンサプリとは?

アルギニンは骨の成長に欠かせないって聞くけど、具体的にはどんな栄養素なの?アルギニンを効率よく摂取するはどうすればいいの?など、アルギニンについて調べてみました。

アルギニンが含まれる食べ物

アルギニンはアミノ酸の一種です。

脳にある視床下部からの成長ホルモンの分泌を促進したり、免疫細胞の働きを強化したり、体内にとって有害なアンモニアの解毒を促進するという多くの働きがあります。

アルギニンは体内で合成されま成長ホルモンには筋力を増強したり、病気への抵抗力を高めたり、傷が治るのを促進する力がありますので、免疫細胞の強化と相まって、アルギニンには体を健康に保つ力があると言えます。

ですが、必要十分量が合成されるのではないため、外部から取り入れて補う必要があります。

アルギニンを多く含む食品には魚介類(特にエビ)、大豆類、肉類(特に鶏肉)があります。これらが苦手な方はサプリメントとしてとるとよいです。

アルギニンの役割は?

アルギニンは、アミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌を促してくれる効果があります。

成長ホルモンが分泌されると、体の機能が活発になり免疫機能や血管の拡張、筋肉・骨格の増強といった作用が働くのです。

これがどのような意味を持つのかというと、血管の拡張でいうならば血管の老化防止となり、体の隅々に活動に必要なエネルギーが供給されることになります。

疲労が取れないというのであれば、アルギニンを飲むことで疲労回復・体力増強につながるのです。

それだけではなく、男性機能が衰えているならば、血流が良くなれば勃起しやすくなるのです。

他にも、筋肉・骨格が増強されれば、それだけ脂肪が燃焼しやすい体になるということですから、ダイエット効果が期待できます。

アルギニンを効率よく摂るためには

アルギニンとは、アミノ酸の一種です。

子供は体内で作ることのできない種類のため食べ物から摂取していく必要のある必須アミノ酸になります。

大人になるとグルタミン酸から生成される非必須アミノ酸となります。

しかし、体内で生成されるからと摂取しないでいると不足がちになってしまうため注意が必要です。

アルギニンを効率良く摂取するためには、食事から気をつけることが良いとされています。

アルギニンを含む食材としては、鶏肉や牛乳、大豆、ナッツ類、玄米などの食材に含まれています。

効率良く摂取するには食べ合わせも重要で、アルギニンを合成するために必要な赤身の魚やレバー、バナナやサツマイモなどに含まれるビタミンB群を一緒に摂取することがオススメです。

アルギニンの摂取目安は?

アルギニンは成長ホルモンを促進する力があります。

つまり、代謝が促進されることで、細胞の働きが活発化し、骨の成長にもよい効果をあらわすのです。

特に子供の身長の伸びを助けるためには必要だといえます。

しかし、アルギニンは強アルカリ性なので、摂取しすぎると胃や腸の壁を傷つけてしまい、身体に影響を及ぼす場合があります。

そのため、過剰摂取をしないように、きちんと摂取量を守る必要があります。

例えば、一般的に1日に摂取する目安として、2000mg~4000mgと言われています。上限値を超えない限り、過剰摂取による副作用などもありません。

アルギニンは肉に多く含まれていますが、サプリメントからも摂取することが出来ます。

アルギニン摂取による副作用

最近良く耳にするアルギニンという物質はアミノ酸の一種です。

免疫力の向上や疲労回復、筋肉増強やアンチエイジング等様々な効果があるとされています。その為エナジードリンク等に良く使われています。

とても良い効果がある反面過剰に摂取すると、胃痛や下痢等の副作用を起こしてしまう人もいますので、過剰摂取には注意しましょう。

そしてアルギニンを摂取すると副作用としてヘルペスウイルスが増殖すると言われる事もあります。

様々な研究からアルギニンを含むアミノ酸はヘルペスウイルスの栄養となる事がわかっていますが、実は薄い濃度のアルギニンだとウイルスは増殖するけれど、ある程度濃い濃度だとウイルスの増殖が抑えられるとも言われています。

つまり実際は体内のアルギニンの濃度を高く保てばウイルスの増殖を抑えられるという事のようです。

アルギニンが含まれるサプリメント

アルギニンが含まれるサプリメントとは、どのようなものがあるのでしょうか?

アルギニンの効果には、疲労回復や免疫力の強化、アンチエイジング、血流の改善などがあります。

これらの効果を持つ、アルギニンが成分のサプリの選び方としては、「含有量」と「中和されている」ことが大切です。

アルギニンの効果が期待できる含有量は、3000mgから6000mgと言われています。

また、アルギニンは強アルカリ性のため、そのまま飲むと胃に大きな負担がかかりますので、クエン酸等で中和されているサプリを選ぶ必要があります。

また、アルギニンを飲むタイミングは、就寝前が最適だとされています。アルギニンに、夜寝ている間の成長ホルモンの分泌を、促進する効果があるからです。

サプリメントを利用する場合の注意点

サプリメントを利用することで簡単に栄養を摂取することができるため、普段偏った食事になってしまっている人にもおすすめです。

しかし、その取り入れ方には注意をすることが必要です。まず、大量摂取はしないようにしましょう。容器に記載されている目安を守って利用するようにしましょう。

また、喘息やアレルギー体質といった自分の体で注意をしなければならないことがある場合には、自分の体とサプリメントの内容が合うかどうかを確認したうえで利用するようにしましょう。

自分の体を大切にしながら、有効にサプリメントを摂取するように心掛けましょう。

自分の体のためになるように、サプリメントを利用する前に自分の体のことを知ってみることがおすすめです。

カルシウムサプリとは?

カルシウムで骨ができてるってよく聞くけど、カルシウムってそんなに大切なの?

知っているようで知らないカルシウムについて解説します。

カルシウムが多く含まれる食品

カルシウムが多く含まれる食品は様々あります。

まず1番に思い浮かぶのが牛乳だと思いますがもちろん牛乳など乳製品の他にも小魚や野菜などにも多く含まれています。

カルシウムを体内に取り込む時、食品によって同じ量をとってもカルシウムを取り込める量は食品によって違いがあります。

つまり同じ200グラムの食品を取り入れても200グラムそのままカルシウムが体内に取り込めるのではなく、食品の種類によって蓄積される量が違ってくるのです。

一般的に吸収率の高い順は「乳製品>小魚>野菜」と言われています。

カルシウムは身体に取り込みにくい性質を持っていますので、他の栄養素と一緒に摂取するのがよいとされています。

吸収の手助けをしてくれる栄養素はビタミンDが上げられます。

サンマ、サバ、しいたけ、まいたけなどがビタミンDが多く含まれていますので、これらと一緒に摂取するのがよいでしょう。

カルシウムの働きは?

カルシウムの99%が骨や歯に蓄えられ強く丈夫にしてくれます。

残りの1%は血液や筋肉に存在します。この1%のカルシウムが神経細胞の活性化や筋肉の収縮、細胞分裂・分化の促進、血液凝固、免疫機能の正常化、ホルモンの分泌、たんぱく質の合成など生命維持に不可欠な役割を果たします。

血中のカルシウムが不足すると貯蔵されている分から取り出され常に一定に保たれています。

この作用により、血中のカルシウム不足が続くと貯蔵分がなくなり、骨粗鬆症や高血圧の原因となります。

カルシウムはビタミンDがないと体内に吸収されません。

ビタミンDは日光に当たることで体内で作られます。日本人はカルシウムが不足しがちであるため意識して取り入れるべき成分です。

カルシウムを効率よく摂るためには

カルシウムは骨を強くする事で知られていますが、他にも脳や神経の働きにも関わっています。

不足すると骨折しやすくなったり、イライラしたりと生活に支障が出てしまいます。

バランスの良い食事をする事でカルシウムの吸収が良くなりますので、食事の基本となる4つの食品群を上手に取り入れる事が大切です。

第一群である乳製品や、第二群の魚類はカルシウムを多く含む食品として最初にあげられますが、大豆や野菜にもカルシウムが含まれていますし、カルシウムの吸収を良くする為には、野菜や果物に含まれるビタミン類も必要となります。

カルシウムが必要だからと乳製品や魚ばかり食べずに、色々な食品をバランス良く食べる事が効率の良い方法と言えるのです。

カルシウムの過剰摂取による副作用

カルシウムは適量を摂取し血中濃度を適正に保てば、骨や歯を構成する要素になり身体の生理機能を調整して心を安定させる作用があります。

カルシウムの過剰摂取は普段の生活では起こりにくく、サプリメントの摂取で過剰摂取になっても健康であればビタミンDや副甲状腺ホルモン等の働きで、副作用が起きないようにバランス調整が行われます。

但し長期間の過剰摂取でカルシウム過剰症になる場合があり、身体に異変を感じるようになります。

初期症状として便秘や食欲減退などが起こり、重度になると不整脈や錯乱・筋力の低下などがあります。

カルシウム過剰症で引き起こされる合併症として、高カルシウム血症や高血圧・動脈硬化、腎臓障害による腎不全・泌尿器系では泌尿器系結石があります。

カルシウムの摂取目安は

カルシウムの1日摂取目標は、男子の場合15歳~29歳が800mg、30歳~49歳が650mg、50歳以上が700mgです。

女子の場合は、15歳から69歳が650mg、70歳以上が600mgです。男女別、年代別で少し差があります。

許容上限量は男性、女性いずれも2300mgまでです。

牛乳コップ1杯200gで220mg、プロセスチーズをスライスチーズで1枚20g摂れば126mg、無糖ヨーグルト100gで120mgのカルシウムが摂れます。

カルシウムは99%は歯や骨に含まれ、残りの1%は血液や筋肉、その他すべての細胞に分布して、血液凝固や筋収縮、神経の興奮の抑制、ナトリウムを排泄して血圧が上昇するのを抑制する、などの働きを担っています。

摂りすぎると鉄やマグネシウムなど他のミネラルの吸収を阻害することが判っています。不足すると骨粗鬆症のリスクを高めるなどの不調を招きます。

カルシウムサプリメントの選び方

カルシウムは毎日しっかりとらなければならない栄養素です。

毎日の摂取は食事から必要な量をとることができたらいいのですが、なかなか難しい場合もあります。

そんなときはカルシウムサプリメントを利用するといいでしょう。カルシウムサプリメントはたくさん販売されています。

カルシウムサプリメントを選ぶときは、使っている原料や安全性がしっかりとされているものを選びましょう。

カルシウムサプリメントには、カルシウムだけではなくその他の栄養素が含まれている場合もあります。そういったときには、配合量がきちんと守られているものを選びましょう。

飲むタイミングも大切です。無理をせずに毎日続けることができるものを選ぶようにしましょう。

カルシウムが不足すると

カルシウムはとても大切な栄養素です。カルシウムが不足すると様々な不調が体に表れてしまいます。

その一つが骨粗鬆症です。骨粗鬆症とは、骨がスカスカの状態になってしまう病気です。

骨折しやすくなりますので気をつけましょう。次に、歯・骨に影響が出てしまいます。

歯・骨は私たちの体にとってとても大切な場所です。

カルシウム不足で弱ってしまうと、折れやすくなったりなくなってしまったりしてしまいます。神経過敏もカルシウム不足と関係しています。

神経過敏が起こると、自律神経失調症になりやすくなってしまいますので気をつけなければいけません。

このように、カルシウム不足は様々な問題を引き起こします。毎日きちんとカルシウムを摂取しましょう。

亜鉛サプリとは?

亜鉛ってなんで身長を伸ばすのに必要なの?と思われますよね。

亜鉛と身長の関係について解説します。

亜鉛が多く含まれる食品

亜鉛が多く含まれる食品とは、どのようなものがあるのでしょうか?

亜鉛は、人間の細胞分裂に関わる大切な栄養素で、これが不足すると、味を感じる舌の味蕾という細胞の新陳代謝が行われず、味覚異常の原因となる場合もあります。

亜鉛は牛肉や豚肉、魚介類、豆類などに含まれているので、普段の生活でも積極的に摂取するよう心がけましょう。

亜鉛の成人男性の1日推奨量は9mg、成人女性の1日推奨量は7mgです。

普段の食事から摂取することができる、100gあたりの亜鉛含有量は、魚介類の牡蠣だと13.2mg、レバーは6.9mg、納豆には1.9mg含まれています。

バランスのよい食事をすることで、亜鉛不足に陥らないように注意しましょう。

亜鉛の主な働きは?

亜鉛は人の体内に存在する必須ミネラルの一種であり、常に体の健康を保つ働きをしています。

その働きとしてはまず酵素の活性化が挙げられ、亜鉛は人体に存在する100種類以上の酵素を活性化させて免疫機能の強化や消化吸収の促進、細胞分裂の効率化による代謝の促進といった機能を発揮します。

このうち注目が必要なのが免疫機能の強化という部分で、これは風邪などのウイルス感染症を防ぐと同時に、切り傷による出血の回復も早めてくれるものです。

よって亜鉛は若々しく健康な肉体を作る上で重要なミネラルであるとも言えるでしょう。

またその他の働きとしては味覚や生殖機能の維持と言ったものがあり、老化や喫煙などによって鈍化した味覚を回復させたり、加齢やストレスによって衰えた生殖機能を取り戻す効果があります。

亜鉛摂取の推奨量

亜鉛は私たちの体に必要な栄養素です。

特に男子は、精子を作るために効果が期待できますので積極的に摂るようにするといいでしょう。

女子にも素晴らしい効果があります。美髪や美肌を作る手助けをしてくれるからです。

しかし、亜鉛はたくさん摂ればいいというものではありません。

年代別や男女別に亜鉛摂取の推奨量が決まっているのです。

成人男性で1日あたり12mg、成人女性で9mg、妊婦さんはさらに2mg多めにとりましょう。

亜鉛を必要以上にとり過ぎてしまうと、鉄や銅の欠乏症を引き起こしたり、急性亜鉛中毒になる場合もありますので注意しましょう。

亜鉛は、牡蠣や肉類に多く含まれています。きちんと摂取量を守って食べるようにしましょう。

亜鉛を効率よく摂るためには

亜鉛はミネラルの一種です。

健康な体を維持するには必要なミネラルですが、体内に蓄積できず食事で摂取していくことが必要な栄養素になります。

亜鉛を多く含んでいる食材としては、牡蠣や肉類などの食材が挙げられます。

肉類には動物性たんぱく質も含まれているため亜鉛の吸収率を高めることができます。

牛乳などに含まれている甘味成分である乳糖は亜鉛と結合して吸収を促進させる働きがあります。

その他、クエン酸やビタミンCなども効果的です。

逆に摂取しにくくなる食材としては緑黄色野菜含まれるシュウ酸、小麦製品やインスタント食品などに含まれるフィチン酸などが亜鉛を体に取り入れるのを阻害してしまいます。

食事で足りない場合にはサプリメントで補うこともオススメです。

亜鉛の過剰摂取による副作用

亜鉛は体を維持するためには必要なミネラルの一種です。

不足すると味覚や新陳代謝に影響を与えてしまいます。基本的にバランス良く食事をしていれば摂取のできる栄養素です。

サプリメントや食事で補っていくことができ、過剰摂取しても比較的毒性が低く大きな副作用が起こりにくいとされています。

しかし、長期間過剰摂取してしまった場合には副作用が出る可能性もあります。

症状としては、嘔吐やめまい、胃痛などのほか、発熱や倦怠感、腎臓障害や神経障害などが起こることも考えられます。

食事で起こることはほとんどありませんが、サプリメントの過剰摂取を長期間継続的に行うことによって引き起こされます。

サプリメントで亜鉛を補う場合には用法用量を守って飲むことが大切です。

亜鉛サプリメントの選び方

現代人は男女ともに亜鉛の摂取量が減少傾向にあると言われています。

効率的に効能を得るためには、購入時に原材料について調査することが大切になります。

中には原材料を明らかにしていない物も多いのですが、安心して飲用するためには天然成分が選ばれているものにすべきです。

次に、配合量について調べることも大切です。男性の場合は1日に10ミリグラムが必要であると言われていますし、女性でも7ミリグラム必要です。

そのような中でコツになるのは1粒の成分量が多いものよりも数で調節できるタイプを選定することです。

そして、マカやクロムといったプラスαの成分が含有されていると摂取した亜鉛の吸収率が向上するので尚更疲労回復などが高まります。

亜鉛が不足すると?

亜鉛はDNAの生成や細胞分裂に必要な物質です。

不足すると、特に細胞分裂が頻繁な箇所で問題が起こります。

特に子供の成長過程では、生殖器官の発達や身長の伸び具合に影響を及ぼします。

また、亜鉛不足は、脳神経の成長の妨げにもなり、知的障害などの成長障害にも関係しています。

さらに、亜鉛は赤血球の生成に必要な物質でもあります。

ですので、不足すると健康な赤血球が作れない為、体の細部まで十分に酸素を運べなくなり、血圧にも影響がでます。

このため、鉄分が十分にあっても、亜鉛不足により鉄欠乏性貧血のような症状が現れてしまいます。血圧がうまくコントロールできなくなり、立ちくらみやめまい、また傷が治りずらくなったりします。

アスミールおすすめ情報

牛乳が苦手な子でも飲めるアルギニンいっぱいの成長応援飲料

牛乳が苦手でもココア感覚で飲める

アスミールは子どもでも飲みやすいようにココア味に工夫されており、冷たい牛乳に溶かしても、ホットミルクで溶かしてもおいしく飲むことができます。苦いものや薬に似たような味がする場合は長続きしませんが、子どもの多くが好むココア味であれば、長く続けて結果を出せるでしょう。栄養面はカルシウムやビタミンD・B群も含まれ、亜鉛などのミネラルやアルギニンも含まれています。栄養補助として頼るにはとても魅力的で、目安量で飲んでいれば1日当たり大体70円程度の価格で飲めてしまいます。飲む量が増えれば変動しますが、1杯当たり70円ほどで使い続けられるので、缶ジュースや缶コーヒーを飲むより安く飲めることになります。金銭的な負担も最小限に抑えられており、国内製造というのも安心できるポイントです。

アルギニンや魚骨焼成カルシウムで成長促進

放射能のチェックもされているため、魚骨焼成カルシウムを含有していても安心です。十分な栄養を国内製造で、安心して摂取できるのは今の時代にはとても大切なことです。 成長に欠かせない成分が含まれており、身長を伸ばすのにも役立ち、精神面の安定にも貢献してくれるでしょう。 アルギニンのようなけがの回復や感染症への免疫力を発揮してくれるアミノ酸も含まれているので、子どもだけでなく高齢者や家族の健康を守るのにも役立ってくれそうです。 コラーゲンの生成促進をしてくれるのもアルギニンやカルシウムの効果のようで、女性は特に子供と一緒に摂取していけばお肌の健康をアップさせられるかもしれません。

初回は2050円で安く購入できる

アスミールは定価は4000円近くしてしまうようですが、初回購入はシェーカー付きで半額の約2000円で購入することができます。 2回目以降も10%OFFの約3600円程度で購入できて送料は無料になるとのことです。 そのため、金額面の負担はそこまで大きくはなく、1日60円から80円程度の負担だけで利用できます。 決して安価なわけではないですが、含まれている栄養成分が多いことと、子どもでも飲みやすく工夫されていることを考えれば決して無駄ではありません。 特に、必ずではないですが、アスミールを飲むことで身長が少しでも伸びると思えば、子供の将来を考えればとても大きいことです。 簡単に身長は伸ばせないうえ、栄養面を充実させるのもどちらにしてもお金はかかるので、総合的に不足が補えるのはとても魅力的です。 背の低さや体調不良、精神面の不安が大きくなっている方は、ぜひアスミールで色々な問題を根本的に解決していってください。

早寝早起き・適度な運動・しっかりとした食事をメインにアスミールを試してみよう

背を伸ばすなら早寝が大切

低身長で悩んでいる方はまずは生活習慣から改善しましょう。その過程で栄養面でのサポートも必要になってくるので、効率的に必要な栄養が摂取できるアスミールは大いに役立ちます。 成長ホルモンは夜10時以降に多く分泌されるといわれており、この時間には布団に入っていると背の伸びも大きくなるといわれており、アスミールの利用と早寝、主食と副菜をしっかりととって、規則正しい生活を心がけましょう。 男性ならば170cm、女性ならば155cmから165cmくらいの身長があると理想のようなので、目安も考えてしっかり生活してみてください。早寝は身長を伸ばしていくのに特に大切で、カルシウムは牛乳より魚介類やアスミールに頼ったほうが良いかもしれません。まずは生活改善を優先して考えれば、よりアスミールの効果を実感できるでしょう

成長ホルモンをしっかり促そう

いくら食事とアスミールを上手に併用していても、しっかり睡眠をとっていなければ身長を伸ばすことはできません。早寝早起きや、適度な運動、食生活の改善を合わせて考えなければいけないので、気を付けてアスミールの効果が感じられるように生活しましょう。成長ホルモンは低身長改善に重要なものの一つで、夜の9時くらいには布団に入って寝ているくらいの方が身長もしっかり伸ばせます。成長ホルモンの分泌が多い時間帯はだいたい決まっているので、今の時代には大変ですが、早めに寝ることを意識しておきましょう。毎日が無理でも、早く寝られるときは早めに布団には入るようにして、少しでも身長が伸びやすくなるように工夫してみてください。アスミールにあるようにカルシウムとビタミンDを一緒に摂取できる魚介類を食べるようにするのも身長を伸ばすのに役立つでしょう。

運動や食事をメインにアスミールを頼るとよい

適度に運動をして、しっかり食事をとっていればアスミールを利用していくことで身長の伸びも期待できます。アスミールはアルギニンという免疫力をアップさせる栄養素もあり、ビタミンBというようなエネルギーアップをさせてくれる栄養素もあります。毎日の生活をエネルギッシュにしてくれる栄養素が考えて含まれているので、子どもに元気に成長していってほしいと思ってはいても、食生活が少し乱れてしまっていると感じる場合は良い助けになるはずです。アレルギーは大豆、乳成分、ゼラチンがありますが、合成添加物はほとんど使われていないようです。放射能のチェックもされているとのことで非常に信頼できる飲用サプリメントです。錠剤ではないので、ココアのような感覚で飲めるのもメリットです。家庭では子どもはアスミール、お父さんやお母さんはコーヒーという新しい習慣が作れれば家族で長く続けていけるかもしれません。

低身長で悩んでいるならアスミールと早寝で解決してみよう!

低身長で悩んでいてもアスミールで解決

低身長の悩みは子どものうちに解決しておかないと将来的になかなか解決するのは難しいものです。有名なところではセノビックやジュニアプロテインというものもありますが、成長に必要なカルシウムを意識して作られているのはアスミール以外にはなかなかありません。価格面でもアスミールは初回は2050円、2回目以降は3600円程度で購入できて長く続けやすいのも魅力の一つです。身長を伸ばすというだけでなく、免疫力アップや季節の変わり目の強い体作りにも役立つので、アスミールは総合的な栄養補助として役に立つでしょう。小学生くらいで心配するのはまだ早そうですが、低身長で悩んでいる場合は栄養面をしっかり改善するとそれだけで少しずつ背が伸び始めることもあるので、ある程度まとまった期間試してみるとよさそうです。

セノビックとの併用は注意すべき?

既に子供の栄養補給としてセノビックを利用している人も多いと思いますが、セノビックに比べるとアスミールはカルシウムの質が特に目立っています。セノビックは赤血球の増加やミルク由来のたんぱく質、卵黄の栄養成分など、たんぱく質のほうが多く含まれている印象が強いです。アスミールはたんぱく質よりカルシウムのほうが多いため、身長を伸ばしたければアスミール、筋肉をつけたいならばセノビックと考えて飲んでもよさそうです。栄養成分の重複があってもアレルギーさえなければ飲み合わせには問題はないようなので、朝はアスミール、夜はセノビックと併用して飲んでもよさそうです。それぞれを混ぜて飲んでも効果に悪影響は出ないので、一緒に牛乳やホットミルクに混ぜておやつの時間に飲んでみてもよいかもしれません。

バランスよくアスミールを摂取しよう

アスミールは栄養補助飲料なので、これだけ飲んでいても栄養は十分ではありません。バランスよくアスミールを摂取できれば低身長の改善や体調・体質改善にも効果が出せるかもしれないので、主食のごはんも白米だけでなく、雑穀米にするとよさそうです。おかずにもサケやサバのようなお魚がおすすめで、日本らしくお味噌汁を合わせてアスミールを摂取していけるとより効果の実感が早くなるかもしれません。アスミールは飲む量が多すぎてもあまり意味はないので、1日に必要な量だけ摂取できるようにしましょう。過剰摂取して不健康になるわけではないですが、無理に飲みすぎるとお腹を下してしまうので、1回に飲む量はセーブして、継続して飲み続けられるようにしましょう。

背が伸びる期待をしつつココアのように飲めるアスミールは試してみたい!

毎朝ココアのように飲めて便利

アスミールは子供の成長に欠かせない栄養素を含んだ栄養補助飲料です。1日に必要な栄養の70%程度を補うこともできるようで、カルシウムと鉄分、ビタミンDは十分な量を摂取することができそうです。味もココア味と子どもにとっての見やすいように工夫されているので、飲んでくれるか心配な場合でも安心です。保育園児・幼稚園児や小学生、中学生や高校生でも不足しがちな栄養を十分摂取できるので、日常的な食事と合わせて利用してみてください。毎日続けていけば少しずつ変化がみられるようで、多くの口コミで体力が上がったり、多少でも身長が伸びたという情報もあります。もちろん、効果には個人差や個人の感想もありますが、栄養面が充実しているのは事実なので挑戦してみる価値は十分あります。初回購入は半額で、お試しに利用するのにちょうど良いでしょう。内容量は1か月分180gと少なく感じますが、牛乳やホットミルクに溶かしながら飲むので、それほど心配はいりません。

初回半額、2回目以降は10%OFF

アスミールは初回購入は半額の2050円でゲットでき、公式サイトからの購入ならば送料無料、2回目以降の購入も10%OFFになるというメリットがあります。栄養成分からするとカルシウムや鉄分、ビタミンBやビタミンDなどが含まれているので、それぞれの栄養分をほかのサプリメントで補給しようと思えば6000円以上単純にかかってしまうでしょう。しかし、多くの栄養がアスミールでは一つにまとまっていて、牛乳に溶かすだけで気軽に飲めてしまうので価格はむしろ安いといえます。毎月だいたい3600円くらいで家族の健康を維持できて、効果があれば子供の身長を伸ばす役目も果たしてくれるでしょう。免疫力をアップしてくれるアルギニンや、貧血対策の鉄分摂取もできるので成長期の子どもにとっては非常に強い味方です。

CCPとビタミンDでカルシウムの吸収促進

アスミールはカルシウムがただ含まれているだけでなく、カルシウムが体に吸収されやすいようにビタミンDやCCPという成分も配合されています。カルシウムはそれ単体では骨にならないので、ビタミンなどの助けがあってより吸収されやすい状態になります。ビタミンDやCCP、ビタミンB群などが多く含まれているので、成長に必要な個所にしっかりと栄養が行き届きます。こうした栄養面での工夫のおかげで、人によっては実際に身長も伸びているようで、背の低さで悩んでいる方に多く注目されています。身長が伸びるのは子どものうちだけなので、しっかりと栄養をとらせてあげて、将来最低限困らないくらいの体作りをサポートするのは親としての務めの一つです。ぜひ、食生活改善の一つの方法として検討してみてください。

毎朝気軽に摂取できて子供が自分で飲んでくれるからお母さんにも優しい!

合成添加物不使用なので安心

子どもの身長を伸ばしたり、免疫力を上げて季節の変化にも強くなれるといわれているアスミールは、様々な栄養成分が含まれていますが、合成添加物がほぼ含まれていないので、食の安全を考える方にとってもうれしいものです。放射能の心配もないようで、しっかり天然由来のカルシウムなどの栄養成分をしっかり摂取できます。添加物や着色料にシビアになっている方も近年はかなり多くなっており、購入しようと考えている方は成分表示もしっかりチェックしてみてください。カルシウムやアミノ酸のアルギニンなど、子どもの成長に必要なものを多く含んでいるので、実際に3か月ほど続けてみれば少しでも効果が表れるかもしれません。成長期に身長が伸び悩んでいる場合には、アスミールも合わせて生活習慣を変えて、身長を伸ばせるようにしてあげてください。

飲みやすい甘さで子どもにも人気

サプリメントと聞いて思い浮かべるのは多くがカプセルや錠剤のようなもので、お水で飲みこまなければいけないので、苦手な子どもも多いものです。しかし、アスミールは冷たい牛乳やホットミルクに溶かして飲めるココア味の飲み物なので、ココア感覚で毎日気軽に摂取できます。作り方も簡単で、子ども自身でも作ることができるため、親の負担を減らしながら子供が自分で摂取し続けられます。栄養面はとても充実しており、身長を伸ばせるような工夫があるので、子どもも積極的にアスミールを飲んでくれるようです。飲みやすい味になっているのは、子どもにとってはとても大切なポイントで、ほとんど苦手な子がいないココア味になっているのもうれしいところです。

気軽に始められるアスミール

アスミールは初回購入は定価の約半額の2050円で購入できるようです。初回購入ではシェーカーもついてくるので、定期購入を考えている方にとっても便利でお得です。2回目以降は10%OFFで購入し続けられるようなので、3か月から半年ほど続けて効果のほどを確かめてみてもよいでしょう。身長が劇的に伸びることはなく、長く飲み続けてやっと1cmから3cmほど伸びるというのが一般的です。成長を促進してくれるのがアスミールの魅力なので、最初は気軽にお得なお試し価格で購入して、子どもが飲み続けてくれるかどうかを確かめてみてください。単品での購入では4000円ほどかかってしまうので、少しでも割引してもらって購入したほうが負担を減らせます。半年使っても大体2万円程度で済むので、そこまで大きな負担ではないでしょう。子どもの身長が伸ばせると思えば、決して高すぎることはないので検討してみてください。

アスミールも合わせて成長を促進していけば背が伸びるかも!?

亜鉛・アルギニン・プラセンタも配合で成長促進

アスミールには子供の成長に欠かせない栄養成分がしっかり含まれており、食事だけでは足りない栄養摂取の効果を期待することもできます。身長を伸ばすといわれているようですが、実際は成長期の子ども向けに足りない栄養を満たしてくれるものなので、亜鉛やアルギニン、プラセンタという含有成分、ビタミン、アミノ酸類の摂取も合わせて考えるとよいでしょう。食べ物で栄養をすべて取るのは難しく、特に朝や夕食の時などでも忙しい間の時代には気軽に飲み物で栄養を取れるのは時間効率もよく、子どもにとっては体への吸収効率も改善されると期待できそうです。成長を促進してくれるような栄養が多く考えられているので、食事を合わせて考えてみましょう。

骨密度アップにも役立つ

アスミールに含まれている栄養成分は、子供の成長を促進してくれるものでもありますが、単純に背を伸ばすことや栄養補給だけでなく、骨密度を高めたり、筋肉を強くしたりするのにも役立ててくれます。カルシウムやビタミンDなどがしっかり含まれているので、骨を強くしてくれそうですが、イライラを抑える効果も期待できるので親子関係を少しでも良好に保てるかもしれません。成長期や思春期の子どもへの対応でっ困っている場合には、特に頼れる栄養補助飲料なので、まずは気軽に試してみてください。初回購入は半額の2050円で購入でき、2回目以降の購入でも10%OFFで購入し続けられるのでお得です。

高校生でも頼れるアスミール

アスミールに含まれている成分は子どもだけでなく、ある程度体が出来上がった高校生や大人にも必要なものです。高校生くらいになると親への接し方も厳しくなってくるので、イライラすることも多くなります。体もまだまだ成長していく段階なので、アスミールで栄養を補っていけばまだ身長の伸びは期待できるかもしれません。精神面の成長にも栄養は大切で、体が常に疲れていたり、ストレスを管理しきれない状態だと精神衛生面もよくありません。アスミールでカルシウムもビタミンもしっかりとれていれば日常生活の過ごし方もしっかり改善されていくでしょう。思春期の子育てで困っている方にも役立つものなので、数回だけでなく何年も利用し続けて子供の成長のために頼っていってください。カルシウムについてはイライラを解消する役目もあるといわれており、魚骨焼成カルシウムや胡麻カルシウムといった少し構成の異なったカルシウム成分も含まれているので、きっと何かしらの良い効果を発揮してくれるでしょう。

ビタミン群やカルシウム・アルギニンも含まれており偏食な子にもおすすめ!

カゼインホスホペプチドCCPも吸収力アップに貢献

アスミールにはカルシウムやマグネシウムなどが吸収されやすくなるというビタミンDやCCPという栄養素も含まれています。このアスミールだけを飲んでも意味はないですが、魚系の料理やカルシウムが多めに摂取できるような食事と合わせてアスミールを飲めば、栄養面はさらに改善できて、食事からの栄養吸収力もアップさせられます。食事をメインに補助的に利用するのは本来のアスミールの使い方で、こうした吸収力を上げてくれる効果は十分期待してよいでしょう。低身長の悩みや体力不足などは食事からでもしっかりサポートしていかないといけないので、早起きできない場合やスポーツで実力が発揮できていないと感じる場合には是非試してみてください。

体調管理や体力維持に役立つ

アルギニンは免疫力の増強やコラーゲンの生成を助けてくれ、カルシウムは体を作るのに役立ってくれます。鉄分は血液に必要な栄養成分で、特に成長期の女の子には貧血対策として多めに摂取しておいてもらいたいものです。アスミールを利用すれば成長期の子どもに必要な栄養をしっかりと補給できるので、体の悩みをしっかり解消できるでしょう。ただし、大豆アレルギーの方は引用できない可能性があるので、事前に成分表示をチェックしたほうが良いです。ほかにも乳成分やゼラチン成分があるので、アレルギーの不安がないかどうか確認して安全に飲用しましょう。効果が少しでも出てきてくれれば身長の悩みを解決できるので、子どもにとっては一生困らない体格を手に入れられるかもしれません。

ビタミン・ミネラルも豊富なアスミール

アスミールはカルシウムや鉄分だけでなく、ビタミン類もしっかり含まれています。ビタミンBは元気の源になることでも有名で、栄養ドリンクにも多く含まれています。ビタミンDは栄養の吸収率をアップさせてくれるので、これもしっかり摂取しておいた方がよさそうです。ほかにも、ビタミンA・ビタミンE、アルギニンが含まれており、子どもの健康を心配する方にとってはうれしい栄養補助飲料です。飲み物の形で摂取するため、薬が苦手な子どもでも摂取できて、吸収されるのも早く学校がある平常時にも大いに役立ってくれるでしょう。たくさん活躍したいときは多少多めに飲んでも問題はないので、運動会や学園祭などがあるときには朝晩飲んで最高の結果が出せるようにしてもよさそうです。しかし、飲みすぎても効果の出方が変わるわけではないので、毎日規則正しい生活をしながら、長く続けていけるようにしましょう。

亜鉛・アルギニン・プラセンタで子供の成長を促進してくれる!

亜鉛やアルギニンは子供の成長に必須

アスミールに含まれている亜鉛やアルギニンは、体を作っていくのに欠かせない栄養です。アミノ酸はいわゆるタンパク質から摂取できるものでもありますが、食材によって摂取できる成分が異なります。アスミールでは免疫力アップと関節部分の成長にも影響があるコラーゲン生成を促進してくれるアルギニンを含んでいるので、身長を伸ばしたいという思いにこたえる形で工夫されています。亜鉛やカルシウム、鉄分というようなミネラル分がビタミンとバランス良く配合されていれば、健康に身長を伸ばしていけるので、子どもの悩みもお母さんの悩みも解決できるでしょう。体を強くしたいと考えている場合は、アスミールも頼っていくことで、部活動でもっと良い結果が出せるようになるかもしれません。

細胞新生を高めてくれるプラセンタ

アスミールには細胞新生を促進してくれるといわれるプラセンタも含まれています。大人の女性が肌をきれいにできるということで摂取している場合もあり、その効果のほどはある程度信頼できるでしょう。子ども向けに考えれば、骨や関節部分の細胞の生成を助けてくれるという感覚で、身長を伸ばすのをサポートしてくれるでしょう。プラセンタもビタミンなどと合わせて摂取すれば吸収率が上がるので、カルシウム同様食事をメインにして利用してみてください。カルシウムも胡麻からとれるカルシウムや魚骨焼成カルシウムなどが含まれていて、様々な可能性を感じさせてくれます。人によっても多少異なるカルシウムの吸収されやすさも考えられているので、子どもの低身長の悩み解決にとって強い味方になってくれます。

不足する栄養を補うのにはぴったり

アスミールには、ビタミンA・B・E・Dが含まれており、アルギニン、たんぱく質、カルシウム、鉄分、亜鉛と非常に幅広い栄養素が含まれています。普段の食事では炭水化物やたんぱく質は足りていても、カルシウムについては以前より摂取しにくくなっているので、非常に頼りにできるはずです。食事だけでは補いきれない栄養も、アスミールならカルシウムや鉄分を1日の必要量の7割程度は取れるようです。価格の割にはかなり品質の良い栄養補助飲料なので、毎日ちょっとずつ飲んでいって、思い通りの身長を手に入れてみてください。身長だけでなく、免疫力の増強や骨の強化にもつながるようなので、スポーツをしている子どもにとっては特に役立ってくれます。日ごろの食生活の工夫の一つとしてぜひ利用してみてください。

まとめ

成長期に子供の身長を伸ばすには、カルシウム、アルギニン、亜鉛、など、子供の身長を伸ばすの大事な栄養を摂るのが大事です。

子供に栄養を補給するには、カルシウムサプリ、アルギニンサプリ、亜鉛サプリなど、栄養補助食品を利用するのが効率がよくおおすすめです。ぜひ試してみてください。