大阪の関西国際空港を中心に蔓延している、はしか(麻疹)ですが、2回感染することはないので、

どんな症状が出たらはしか(麻疹)なのか?

判断しづらい部分もありますよね。

また、子どもと大人では症状の出方は違うのか、かゆみはあるのか、など疑問もあるかと思います。

そこで、はしか(麻疹)の症状について調べてみました。

--Sponsored Link--

はしか(麻疹)に感染したらどんな症状が出る?

病気、症状、病院

はしか(麻疹)に感染した場合、どのように症状があらわれるのか、詳しく見ていきたいと思います。

感染経路

  • 空気感染
  • 飛まつ感染
  • 接触感染

にて感染し、非常に感染力が強い。

潜伏期間

7~14日程度の潜伏期間を経て、症状があらわれます。

その後、カタル期→発疹期→回復期と、症状が移っていきます。

はしか(麻疹)の症状

カタル期
  • 38℃前後の発熱 
  • せき
  • 鼻水
  • 目やに

感染力が最も強い時期。
感染者とすれ違っただけでも、感染する。
3~4日ほど続く。

口腔粘膜に白い小さな斑点(コプリック斑)が見られると、
はしか(麻疹)と診断される。

発疹期
  •  39~40℃の高熱
  • せき
  • 鼻水
  • 顔~全身に赤い発疹
  • 全身の倦怠感や痛み
カタル期の発熱が一旦下がった後、再び高熱が出る。
最初は顔などに赤い発疹があらわれ、
その後体全体に広がっていく。
3~5日ほど続く。
回復期
  •  発疹の色素沈着
発疹は色素沈着を残し、5~6日ほどで取れていく。

はしか(麻疹)は、有効なワクチンが存在せず、もしはしか(麻疹)に感染した場合、出た症状を軽くする対症療法をしながら、症状が治まるのを待つしかありません。

しかし、かなり感染力が強く、抗体を持っていない人はほぼ100%発症すると言われるはしかですので、感染を広げないようみんなが意識を持つことが大切かと思います。

はしか(麻疹)の症状、子供と大人では違う?

大人、子供、親子

はしか(麻疹)の免疫を持っていない場合、子供でも大人でも感染してしまいますが、その症状の違いはありません。

上記したように、カタル期→発疹期→回復期を段階を経て、熱に関しては3~4日程度、発疹は10日~2週間ほどで症状は治まっていきます。

ただ、大人がはしか(麻疹)に感染した場合、重症化しやすいという点で気をつけなければなりません。

はしか(麻疹)に感染すると体力を消耗し、免疫力が低下するため、中耳炎・肺炎・脳炎などの合併症を引き起こしやすいためです。

また、それらの合併症が重症化すると、最悪死に至るケースもあるということですので、大人がはしか(麻疹)に感染した場合、注意が必要といえます。

重症化しやすいのは、5歳未満の幼児、20歳以上の大人と言われていますので、小さな子供がはしか(麻疹)に感染した際にも、ぜひ注意深く経過観察をされるようお気をつけくださいね。

はしか(麻疹)の症状かゆみはある?

手足口病、発疹、痒い

まず、はしか(麻疹)の症状が出ても、かゆみを伴うことはないようです。

はしか(麻疹)に感染すると、発熱やせきなど風邪に似た症状があらわれ、その後発疹が出てきます。

この発疹は、赤い4~5ミリほどの斑点で、最初は耳の後や顔などにあらわれ、だんだんと体全体に広がっていきます。

もし、かゆみを伴うようでしたら、はしか(麻疹)以外の病気である可能性が高いですので、一度かかりつけ医などにご相談くださいね。

 

はしか(麻疹)は、最初風邪に似た症状なので、医師であってもはしかの診断が難しいとされています。

しかし、かゆみなどはないので、もし症状があらわれた場合には参考になさってくださいね。

そして、はしかのような症状が出て、感染者と接触した可能性がある場合には、すみやかに医療機関へ連絡後、医師の支持に従うようにしてください。