みいつけた!の「いすのまちのコッシー」でゲスト声優が豪華だという記事を書きましたが、

[blogcard url=”http://tensarabasara.com/post-160/]

意外なアーティストが作曲した歌もかなり多いので、誰が作曲したのか?まとめてみました。

 

--Sponsored Link--

みいつけた!・あっというま!・わーっ!

作詞・作曲:トータス松本

番組当初からのエンディングテーマを作り続けているのは、ウルフルズでお馴染みのトータス松本さんです。

ご本人もトータスイスとしてキャラクター出演されてますね。

どの曲も子どもの好奇心いっぱいの楽しそうな映像に合っていて、「みいつけた!と言えばトータス松本さんの曲」という感じがします。

サボさんまいったな

作詞:ふじきみつ彦
作曲:横山剣(クレイジーケンバンド)
演奏:クレイジーケンバンド

バンド名を聞いたことがない方でも、写真を見ると分かる方も多いのではないでしょうか?

ヨーグルト・ビヒダスのCMに出ていらっしゃったのが、横山剣さんです。

クレイジーケンバンド、横山剣

もうかれこれ10年くらい前から大好きなバンドです。

ちなみに、ディナーショーにも行ったことがあって、剣さんと握手もさせて頂いたことがあります(笑)

間近で見ると本っっ当にかっこいいおじさんです。

あくまでも、おじさん。笑

「サボさんまいったな」でも聞けるように、サックスやトランペットなどのホーンが入っているバンドで、曲調は昭和歌謡のような懐かしいサウンドを基調としています。

あしたわらおう

作詞:高橋茂雄
作曲:スキマスイッチ

アーダとコーダこと、大橋卓弥さんと常田真太郎さんによる音楽ユニット・スキマスイッチです。

歌っているのはコッシーこと高橋茂雄さんですが、曲調はスキマスイッチらしい少し切なくてキュンとするような音楽で、これは本当に名曲だと思います。

スキマスイッチ

サボテンよりあいをこめて

作詞:ふじきみつ彦
作曲:宇崎竜童

最初、サボさんの新曲だ~と思って聞いていたら、いきなりのビッグネームに驚きを隠せませんでした。

子供番組の1曲に過ぎないのに宇崎竜童さんって!

『♪港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ~』なんて、もう若い人達には全く通じないですよね、きっと。

スイちゃんのスイーッとね

作詞:小林顕作
作曲:宇崎竜童

3代目スイちゃんの初メイン曲!

誰の作詞・作曲だろう?と思っていたら、オフロスキーとまさかの宇崎竜童さん2回目

ちょっと昭和歌謡チックな感じだけど、スイちゃんが歌うととっても可愛い曲ですよね~。

ふたりはさかさま

作詞:向田邦彦
作曲:吉井和哉

THE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんです。

この曲エレキギターの音が入ってるんですけど、もしかしたら演奏は吉井さんなんでしょうか?

調べても分からなかったですが…もしそうだとしたら嬉しいですよね!

それにしても、本当に子供番組の曲にしては意外なアーティストが多すぎます。

おなかとせなかがぺっタンゴ

作詞・作曲:山崎まさよし

ご存知、ヤマーチェこと山崎まさよしさんです。

コーラスにも参加されています。

楽曲を提供したアーティストでキャラクターとして出演しているのは、トータス松本・スキマスイッチに続いて3組目ですね。

タンゴのリズムも、他の楽曲にはない感じで楽しい曲になっています。

みいつけた、ヤマーチェ、山崎まさよし

レッツゴー!サボテン

作詞:ふじきみつ彦
作曲:斉藤和義

メロとサビの部分のギャップが面白い曲です。

斉藤和義さんは『ポンキッキーズ』という子供番組で「歩いて帰ろう」という名曲を作られていますが、当時小学生だった私も大好きだった曲です!

みいつけた、サボさん、レッツゴー!サボテン

今気づきましたが、サボさんの曲は絵描き歌以外アーティストに作曲してもらってますね。

スターなのに…。笑

ちなみに、「なんかいっすー」「すわるぞう」「おっす!いすの応援団」は星野源さんですが、一応リトミックのコーナーということなのでここでは省きました。

良かったら、こちらに少し書いてあるので合わせてどうぞ。

[blogcard url=”http://tensarabasara.com/post-166/”]

もう一つおまけに、作詞にたびたび出てくるふじきみつ彦さんは、「みいつけた!」の脚本家の方です。

 

こうして見ると、バンド系というか結構バンド系のアーティストが多いなと感じます。

でも、それぞれアーティストの色が楽曲に出ていて、なおかつ子供向けにアレンジされているので聞いていてとっても面白いですよね!

「みいつけた!」では、こんな風に出演者以外の部分にも着目してみると面白いな~と感じるので、ぜひこのあたりにも注目してみてくださいね。