最近、CMで度々目にする、芸人・又吉直樹さんの

芥川賞受賞作品『火花』のNetflix(ネットフリックス)限定配信オリジナルドラマ!

『火花』が芥川賞を受賞してから、映画・ドラマ化などの映像化に関する話題は出ていましたが、

地上波でも映画でもなく、なぜ今回”Netflix(ネットフリックス)”という、海外の動画配信サービスが映像化の版権を勝ち取ることができたのでしょうか?

また、日本上陸してから日が浅いため、日本ではHulu(フールー)などの動画配信サービスに比べて少し知名度が劣るNetflix(ネットフリックス)についてですが、この動画配信サービスについてもご紹介したいと思います!

 

なぜNetflix(ネットフリックス)独占で『火花』をドラマ化することにしたのか?

Netflix、ネットフリックス、又吉直樹、火花

まず、Netflix(ネットフリックス)とは?

アメリカに本社を持つ、海外の映像ストリーミング配信(動画配信)会社で、その会員数は全世界で6500万人以上にものぼる。

海外ではかなり大きな動画配信会社ではありましたが、日本にそのサービスが上陸したのは2015年9月とかなり最近なため、まだあまり日本では浸透していないと見られています。

しかし、ネットフリックスの強みは何と言っても、日本のテレビ局などとは段違いの売上高にあります。

日本で最大のテレビ局と言えば日本テレビになりますが、その売上高は3600億円なのに対し、ネットフリックスは同年で6600億円とかなり大きく上回っています。

これは何を示しているのかと言うと、映像の製作に掛けられる予算が大きい(資金力が豊富)ということです。

また、ネットフリックスはオリジナルコンテンツ製作においてフジテレビと提携しており、そのため

  • テラスハウス
  • アンダーウェア(桐谷美玲主演)
  • グッドモーニングコール(福原遥、白石隼也主演)

など、若者に人気の作品や大ヒット漫画作品の映像化も手がけているため、オリジナルドラマの製作に慣れているということも言えます。

特にフジテレビは、又吉直樹さんが所属する吉本興業とも親しい関係にあるため、『火花』の映像化においてはやりやすい相手でもあると言えるかもしれませんね。

さらに、この『火花』はネットフリックスを通じて全世界190カ国で配信されるため、視聴者数なども単純に国内のみで映画やドラマ化されるより、多くの人に見てもらえる機会も増えますよね。

 

Netflix(ネットフリックス)で『火花』を見るための料金は?無料で見られる?

Netflix、 ネットフリックス、料金、月額

ネットフリックスには、料金の形体が3種類ありまして、それぞれの大きな違いは

  • 画質の違い
  • 同時にいくつ視聴することができるか?

という2点です。

画質の違いは料金にも反映されているので、高いコースであれば4Kという高画質で見ることができる、ということですね。

同時に視聴可能な画面数も、家族で共有する場合

(ママはドラマが見たいけれど、子どもはアニメが見たいなど)

は、複数見られる方が便利ではありますが、1人で視聴する場合は特に重要視するポイントではないかな、と思います。

なので、単純に「パソコンやタブレットで動画を見たいだけ」であれば、ベーシック(650円/月)スタンダード(950円/月)のプランで、すぐに『火花』や他の映画やドラマなどの動画を見ることができるというわけです!

--Sponsored Link--

ちなみに、裏ワザとしては、ネットフリックスは1ヶ月間の無料体験期間というものが設けられているので、ネットフリックス限定オリジナルドラマ『火花』を見たいだけ、ということであれば

10話視聴してみて、他に見たいものがなければ解約する

ということも可能ではあります。

ただ、日本ではあまり配信されていない海外ドラマや、オリジナルドラマが多く配信されていることで知られるネットフリックスには、海外ドラマ好きの間では絶大な人気を誇っていた『フルハウス』や、待望の続編『フラーハウス』もネットフリックス限定で配信されていますので、良かったらラインナップをご覧になってみてくださいね!

月額コースを払い続けても、楽しめるコンテンツが本当にたくさんありますので!

▶Netflixのサイトを見てみる

Netflix(ネットフリックス)については、こちらの記事もどうぞ!

[blogcard url=”http://tensarabasara.com/2150″]

#Netflix #ネトフリ #streamteam #火花