先日、第68回カンヌ国際映画祭にて女優の深津絵里さんと登壇した俳優の浅野忠信さん。
そのヘアースタイルに注目が集まりましたが、なんと「スキンヘッド」で登場したのです。
一体なぜ丸坊主のスキンヘッドだったのか?その理由に迫ります。

 

カンヌ国際映画祭にて「岸辺の旅」公式上映

--Sponsored Link--
  • 原作:湯本香樹実(ゆもとかずみ)
  • 監督:黒沢清
  • 主演:深津絵里 浅野忠信
  • 公開は2015年10月1日より全国ロードショー。
  • 第68回カンヌ国際映画祭へ正式招待が決定。
  • フランスの配給会社により、秋にはフランスでも公開を予定。

映画『悪人』で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞した深津絵里と、映画『マイティ・ソー』でハリウッド映画デビュー、『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した浅野忠信
国際的にも活躍し、いまや日本映画会を代表する2人が主演を務める映画ということで注目が集まっている映画です。

浅野忠信が丸刈りで登場

浅野忠信、深津絵里、黒沢清、岸辺の旅、カンヌ国際映画祭

この68回カンヌ国際映画祭にて公式上映が行われ、レッドカーペットに登場した黒沢清監督・深津絵里さん・浅野忠信さん。
その浅野忠信さんのヘアースタイルに皆が驚きました。
それが丸坊主だったからです。

 

なぜスキンヘッドだったのか?

浅野忠信、丸刈り、逆モヒカン

浅野忠信さんは3月にも衝撃のヘアースタイルを公開してファンを驚かせていました。
それがこの「逆モヒカン」スタイル
おそらく役作りのための髪型だったようですが、それにしてもこの「電撃ネットワークの南部さん」のような髪型はファンでなくてもビックリすると思います。

そして、その撮影が終わったため、丸刈りにされたのだと推測されています。
真ん中だけ丸刈りだったら、坊主にするしか直しようがないですもんね。
こんな髪型も公開しちゃうなんて、お茶目な方ですよね。
それにしても、こんな髪型でも相変わらずかっこいい!

 

 

つぶやき

髪型一つでこんなにも世間を騒がせる浅野忠信さん、それだけ注目される俳優だということですよね。
演技にも定評のある浅野忠信なので、深津絵里さんとの共演による『岸辺の旅』はきっと素晴らしい映画だと思います。
気になる「ある視点」部門の発表は日本時間の25日未明です。
黒沢清監督にとっては、『トウキョウソナタ』で第61回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」審査員賞に続く受賞となるか?も期待されているので、こちらの発表も楽しみです。

ちなみに深津絵里さんと浅野忠信さん、映画『寄生獣 完結編』でも共演していますが、先日の地上波での『寄生獣』を見て、こっちも見てみたいな~と思っているkagi*でした。