子育て中のママの育児あるある‥

赤ちゃんや子供はママの持っているiPhone(スマホや携帯)が好きすぎる!

メールを返そうと思ってちょっとでも取り出したら、一目散に駆け寄ってきませんか?笑

いじるのは好きにしてもらっても良いんですけど、困りものなのが

アプリを(勝手に)削除されること!

しかも、そういう時に限って結構大事なアプリを消されるんですよね~(泣)

私は、LINEアプリを2回ほど削除されて、スタンプの取り直しなど面倒な思いをしました‥ログインできたからまだマシだったんですけどね。

アプリを何度も消されてしまうと結構なプチストレスになるので、同じ悩みを持つ方に簡単にできる「iPhoneのアプリを削除できないようにする設定」をご紹介したいと思います!

 

子供のいたずら・誤作動‥iPhoneのアプリを削除できないようにロックする方法!

スマホ、iPhone

子供が勝手にいじったり、誤作動でアプリが削除されてしまったり‥ちょっと困りますよね。

「アプリを削除できなくする」設定が、iPhoneで簡単にできるんですよ!

これをしておけば、「あのアプリがない!」なんて事にならなくなりますよ~。

 

それでは早速、解説していきたいと思います。

iPhoneの画面から、「設定→一般」 と進んでください。

 

一般の中に、「機能制限」という項目がありますので、こちらを選択してください。

 

機能制限の一番上に、「機能制限を設定」という欄がありますので、こちらに進んでいきますと

 

「機能制限パスコードを入力」という画面が出てきます。

機能制限を設定するために、4桁のパスコードを入力しますので、こちらは自分の覚えやすいもので大丈夫です。

 

機能制限パスコードを入力すると、機能制限の画面が薄かった(設定ができなかった)のが、色が濃くなりそれぞれの機能を設定できるようになります。

画面をスクロールすると、「Appの削除」という項目がありますので、こちらをOFF(緑から白)にしておけば、アプリが削除できなくなります!

以上で設定は終わりです。

--Sponsored Link--

ちなみに、アプリの削除はできなくなりますが

  • アプリの移動、並び替え
  • アプリを入れているファイル名などの設定

はできますので、そこまで不便にはならないかと思います!

 

子供ってママの持ち物が本当に好きですよね~。

私も、iPhoneや化粧品はいやというほど奪われたし、もう好きにしてくれ!と達観できるレベルになりました(笑)

しかも、iPhoneとか「そんなことできるの!?」ってぐらい、大人が操作しているのをよく見てるんですよねぇ。

子供の吸収力ってすごいなぁと意味もなく関心したりしてしまいます。笑

でも、アプリを消されるのは困る!

同じようにお困りの方、簡単に設定できるのでぜひやってみてくださいね~。