寒くなってくると、乾燥が気になってきますよね~。

特に唇(リップ)は、ちょっと乾燥するとすぐに皮がむけたりガサガサになったり‥。

我が家は長男が少し肌が弱い体質なのか、口の周りをよく舐めてしまうので保湿を怠るとすぐに赤くなってしまったりします。

そこで!我が家で愛用している、子供も安心して使えるリップクリームをご紹介します。

ついでに大人(私)も使っていますが、普通のリップクリームより乾燥しないし、保湿されていい感じですよ~。

 

子供のリップクリームはワセリンがおすすめ!大人も一緒に使える

赤ちゃん、子ども、唇、口、リップクリーム

長男は時々軽い発疹が出てしまうので、皮膚科にお薬をもらいに行くのですが、そこで保湿剤のプロペトをもらった時に

「これ顔とか唇にも使えるから。舐めちゃっても大丈夫だから、リップクリーム代わりに塗っても良いしね。」

と言われました。

長男だけでなく、唇の乾燥が気になった自分にも塗ってみたところ、普通のリップクリームよりとっても保湿される!

しかも、ちょっとガサガサになったなー‥と思った日に、夜プロペトをぬってから寝てみたら、次の日の朝めちゃくちゃしっとりしてプルプルになっていました!

市販の普通のリップクリームって、寒いと固くなったりしませんか?

以前までは、気づいた時にリップクリームをぬれるように!と思って、車などに置いていたりしたのですが、冬になると固くてぬりにくいということがありました。

ですが、プロペト(ワセリン)はもともとテクスチャーが柔らかいので、そのまま指にとってすっと唇にぬれます。

しかも、子ども・大人関係なく使えるので、家族で色んな種類のリップクリームを持たなくても良いというところも気に入っています。

 

プロペトとは?子ども・大人も使える保湿剤ワセリンの種類

塗り薬、軟膏、チューブ

そもそも、プロペト(ワセリン)とはどういうものなのでしょうか?

ワセリンは、原料である原油を高純度に精製して作られた、皮膚を保護する保湿剤です。

肌の表面を保護することで、外部からのホコリや化学物質などの刺激から守ってくれます。

そのため、ワセリンは肌内部への浸透力はありません。

プロペトはワセリンのことですが、実はワセリンにはいくつか種類があって精製度によって呼び方が多少異なります。

  • 白色(はくしょく)ワセリン‥原材料である石油から肌へ使えるまで精製したもの
  • プロペト‥白色ワセリンをさらに精製したもの
  • サンホワイト‥最高純度までに不純物を取り除き精製したもの
【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g
by カエレバ
【第3類医薬品】プロペトホーム 100g
by カエレバ
サンホワイト P1
by カエレバ

我が家では皮膚科で頂いたプロペトがあったのでちょうど良かったですが、もちろん市販のワセリンでも子どものリップクリームとして唇に塗っても問題はありません。

肌の乾燥した部分への保護にも使えるので、乾燥で肌をバリバリと掻いてしまう長男には、唇だけでなく色んな部分にぬっています。

子どもから大人まで使えるので、ご家庭に1つあると便利ですよ~。

ベビーワセリン 60g
by カエレバ

ワセリンをリップクリームに!塗り方と気になる副作用などは?

--Sponsored Link--

さて、唇のケアにワセリンが使えるとお伝えしましたが、塗り方はいたって簡単です。

指にごく少量(ゴマ粒か米粒くらいで十分)を取って、唇になじませるだけです!

あまり横にこすり過ぎてしまうと摩擦で唇への負担になってしまうので、縦皺の方向に優しくぬるぐらいの気持ちで。

ワセリンは無香料・無着色なので、子どもも気にならないようで嫌がらずにぬってくれます。

ただ、気になるのが「ワセリンに副作用はないのか?」ということですよね。

2つ注意しなければならない副作用が、

  • 紫外線による油焼け
  • 皮膚の赤み・かゆみなど

です。

ワセリンをぬった状態で紫外線を強く・長時間浴びたりすると、皮膚の変色・シミ・黒ずみなどの原因になることがあります。

なので、屋外へ長時間出かけるという場合には、ワセリンの使用は控えた方が無難かもしれません。

もしくは、ワセリンをぬった上から日焼け対策をしっかりして下さいね。

また、不純物を取り除いて精製してあるとは言っても、完全になくなるわけではないので、微量の不純物が反応して接触性皮膚炎を引き起こす可能性もあります。

 

乾燥してガサガサになった唇は、放っておくと切れて血が出てしまったり地味に痛いんですよね~。

子どもは特に、気になってペロペロと口の周りを舐めて余計に乾燥を悪化させてしまうので、気づいた時にさっとぬれるワセリンが我が家では定番になっています。

子どもも大人も一緒に使えるので、冬の唇の乾燥が気になる方は一度試してみて下さいね!