Eテレの中でもちょっと変わっているのが、『にほんごであそぼ』という番組。

文学作品や古典などを用いて日本語の素晴らしさを伝える内容で、子供には少し難しいかな?と思う時もあります。

毎月新しい歌が番組の中で流れるのですが、その中でも「恋そめし」という曲がとっても可愛いと評判になっています!

曲調が可愛いのはもちろん、衣装やセットもすごく可愛いのです。

今までも「にほんごであそぼのセットって個性的で可愛いな」と気になっていたので調べてみたところ、ひびのこづえさんという方が担当していることがわかりました。

--Sponsored Link--

『にほんごであそぼ』とは?

にほんごであそぼ

 

  • 日本語の豊かな表現に慣れ親しみ、楽しく遊びながら日本語感覚を身につけることを狙いとする子供番組。
  • 日本の文学作品や古典・落語、漢詩・漢文などの有名な文を取り上げている。
  • 総合指導に著書『声に出して読みたい日本語』で知られる斎藤孝があたっている。
  • KONISHIKI、野村萬斎、中村勘九郎などの有名人も出演。

まだお子さんが小さいうちは、番組の内容はちょっと難しいように思います。

でも「数の単位」「ことわざかるた」など、親でも学ぶことが多い番組だなと思いながらいつも一緒に見ています。

『にほんごであそぼ』可愛い!と話題の歌「恋そめし」

にほんごであそぼ、恋そめし、寒太郎、服部隆之

  • 『にほんごであそぼ』の4月の歌として放送。
  • 作詞は寒太郎、作曲は服部隆之。
  • 方言を用いて”乙女心・恋心”を表現した歌。
  • 歌詞の一部には百人一首の一節も使われている。
  • 歌っているのは「にほんごであそぼ」のほのか・さつき・りんか・まりの4人によるユニット”ちーむ・をとめ座”。

ネットでも「アイドル顔負けの可愛さ!」と大評判のこの歌。

「おとめ」が「をとめ」になっていたり、曲調からも『昭和歌謡』っぽさを感じますね。

すごくキャッチーなメロディだなぁと思っていたら、作曲が服部隆之さんだったのに納得

テレビドラマ『王様のレストラン』や『HERO』の音楽を手がけている超有名な作曲家です。

ちなみに『フックブックロー』のオリジナル曲はほとんど服部隆之さん。

耳に残る良い曲ばかり作られる方です。

『にほんごであそぼ』の個性的な衣装・セットを支える「ひびのこづえ」さんって誰?

恋そめし、ひびのこづえ、にほんごであそぼ

  • 日本のコスチューム・アーティスト。
  • 東京芸術大学美術学部デザイン科視覚伝達デザイン卒業。
  • 雑誌、ポスター、CM、演劇、ダンス、映画など幅広い分野で活躍。

大塚愛さんなどアーティストのPVで衣装を担当されていたり、ワークショップなどを開催しています。

にほんごであそぼを見ていても、個性的な衣装やセットに目がいくので、ひびのさんのデザインは舞台やCMなどでとても映えるのかもしれません。

また、ウェブショップなどでひびのこづえさんデザインのバッグやアクセサリーなども購入することが出来るみたいです。

アトリエメイドなデザインでとっても可愛いです!

東京アーティストマンション(WEB SHOP)

「恋そめし」の衣装やセットも本当に可愛くて、とっても凝っています!

ひびのさんの世界観が凝縮されているような感じですね。

「にほんごであそぼ」の和風な雰囲気もミックスされていて、本当に素敵です。

d0155437_21474654

「にほんごであそぼ」は文学や古典など日本語文化を学べるだけでなく、ぜひその個性的な衣装やセットにも注目して見ていただけたらいいなと思います。